Electric Sheep

徒然なる日々の記録

シンザン記念

正月の変則開催でしたが、クラシックに向けての重賞第一弾、シンザン記念武豊騎乗の1番人気ペールギュントが鼻差勝ち。二着はマイネルハーティー。もう少し楽勝かと思ったけど、マイネルも1600mまでは走りますね。ペールギュントはクラシックに向けて勝った事は大きいですが、、タニノギムレット以外ほぼマイラー血統に近い馬が勝利している現状が気にはあります。この馬もダービーはどうかといわれると、気性面もそうだけど体型もやや短い気がして、、、。皐月賞が好結果を出せるぎりぎりという印象が自分には残っています。按上も豊キープできるんですかね。ディープインパクトを選ぶ気もするけど。来週は京成杯。中山2000mになっていますが、この次期有力馬のスタートが遅いこともあって、必ずしも直結とは言い切れないような重賞という感じ。昔、ビコーペガサスヒシアマゾン差した時は凄かったな、、というのがこのレースの印象。スピードワールドとかも勝ち馬、この馬も好きだった。ボーンキングとかいましたね、この馬、まだ引退していないんですね。2年半以上走ってないけど。
登録馬みるとビワハイジの仔アドマイヤジャパンが出走、あとはマンハッタンカフェの全弟ニューヨークカフェカーリングの仔ブレイヴハートなど血統的にはかなり豪華メンバー。注目はモエレアドミラル。北海道2歳優駿を快勝してきたとのことで、注目ですね。