Electric Sheep

徒然なる日々の記録

正月ドラマ

実はほとんど見ていなくて、PCに撮りっ放し状態。これからクリエで少しずつ見ようと思っています。昨日、少し早く帰宅できたので、日テレの「冬の運動会」を観賞。少し途中からになってしまったけど、結構面白かった。向田邦子さんの素材を田淵久美子さんが現代風にアレンジして脚本化。岡田准一君はドラマよく出てますね。でも彼はいい存在感ありますね。これからもっとブレイクしてもいいと思うけど。今回の役どころも過去に万引きをしてしまい、家族と折り合いのつかない大学生という、やや屈折した心をもつ役をうまく演じていたと思います。長谷川京子キャバクラ嬢。でもあんまりキャバっぽく見えないなと思いつつ、、、。相変わらず綺麗ですね。いつも演技不安を言われますが、彼女の場合、話し方が危うく感じるのかなと今回思いました。彼女なりに頑張っているんだけど、言葉が上滑りというか、、、「子供ね」と抱きつくシーンもそんな感じ。逆に岡田君の手をぐっと握る時の表情とかは、とてもよかったし。植木等他のキャストも豪華で、とても愉しく拝見させていただきました。手放しで最高とはいえないけど(やや演出が淡々としすぎてるかな、、、TBSで向田作品、作るともう少し違う雰囲気だし)、フィルム撮影だったのも嬉しかった。ドラマっていつもVTRだし。濱マイク以来のような気がする。向田さんの味を出すのにあえて、フィルム選んだのかな?個人的には良かったと思います。日テレ制作といういつもの向田作品とまた違ったアプローチ、たまにこういうのもいいですね。