Electric Sheep

徒然なる日々の記録

今年の連ドラ

レビューが中途半端だったりして、いかんなあ、、、と思いつつも。今年は比較的楽しめたほうかな?でも出来不出来が激しかったりという思いがあるのも事実。

  • オレンジデイズ 主役二人の頑張りで脚本の貧弱さをカバー。結果的には好感の持てる作品になりました。ただし、北川さんの脚本の完成度の低さには閉口。特に群像劇をここまで描けなくなっていたとは。「ロングバケーション」「オーバータイム」とかの方がまだしっかり書けていた。もう、何かを期待するのは難しいのかも。この間の再放送見て、やっぱり面白かったなと再確認。ミスチルの主題歌もいい効果挙げていたと思います。
  • 世界の中心で、愛をさけぶ これも主役が頑張った好例。特に綾瀬はるかさんは頑張ったと思います。映画化の後を受けて厳しかったと思える中、丁寧な作品作りで、はまることが出来ました。堤幸彦もこういう作品出来るんだと再認識(まあ、全部作ってないけど)。
  • 白い巨塔 今日の総集編も録画してしまった。2クールという最近では珍しい編成でしたが、フジテレビは良質なリメイクを作り上げました。比較されながらも唐沢寿明の財前は良かった。田宮版とは違ったものが出せていたのではと思います。自分は小説を先に読んでいたので、あらすじすべてわかっていましたがそれでも十分に見応えのある中身だったと思います。役者陣の厚み、井上由美子の脚本も良かったし。井上さんは、北川さんに代わって女性脚本家のリードオフマン的なポジションに思えます。
  • 砂の器 中居正広主役ということで不安を覚えつつ、、、結果的にはハンセン病ではなく連続殺人犯の息子という設定でリメイク。やや難のある設定ではあったにせよ渡辺謙の踏ん張りもあり、見ごたえのある作品となりました。中居君も白い影の時のような抑えた演技、上手くいけました。ピアニストはちょっと厳しかったけど。犯人側に視点を置いてしまう事の是非は難しい。推理物としての側面を原作が持っているだけに、必然的に今回は人間ドラマに重点を置かざるを得なかった。その事自体は成功していたと思うが、長すぎたなというのが偽らざる印象。
  • 僕と彼女と彼女の生きる道 草なぎ君での路線第2弾。離婚と夫婦・子供のあり方、関係を描いた作品として、自分としては非常に面白かった。子役の美山加恋ちゃんを使ったことが大きな成功の要因だと思うが、小雪もそれなりには頑張れていたと思う。丁寧なつくりが出来ていて良かった。

ここまでは高評価な作品。
賛否両論だった大多亮Pの月9。結果的に木村拓哉の「プライド」織田裕二の「ラストクリスマス」がそこそこ数字的には成功。ただ作品のクオリティという点では大きな疑問。あえて80年代テイストを出していたが、結果的は寒い演出と言われるだけのような気がする。特に「プライド」の酷さは困りもの。フジは本当に大丈夫か?作品の質が落ちるばかりの気がする。春先には「アットホーム・ダッド」「離婚弁護士」とは少し地味目だけどいい感じの作品もあったのに。東京湾景が、、、、、。

  • 大河ドラマ新選組!」は見続けてよかったと思います。三谷幸喜という脚本家をずっと芝居・ドラマで見てきて、今回の「新選組!」でまたひとつ違った作風というか味わいを知ることが出来ました。もし、三谷幸喜の芝居を見たことがなくて、初めて「新選組!」で知った人、「古畑任三郎」や「王様のレストラン」とかでしか知らない人は、舞台に足を運んでみるといいと思います。そこに三谷幸喜の原点というか味わいというか、そういう楽しみ一杯詰まっているので。

新選組!」は総集編と座談会は無事録画済。総集編のDVDはどれくらい今日の座談会の様子、収録されるんだろう?