Electric Sheep

徒然なる日々の記録

全国大学ラグビー選手権2回戦

えーと、じっくり書こうとすると、多分怒り任せの文章になりそうなので、気をつけよう(笑)。
久々に秩父宮、お客さんが良く入りましたね。自由席も8割方埋ってましたし。注目は第一試合の法政対明治だったと思うのですが、、、見事なまで凡戦。いやこの試合にお金を出している自分に悔しい。総決算の試合がこんな内容で終わる明治の選手は、何を考えているのだろう。個々は悔しいとか思っているのかも知れないけど、これだけひどいパフォーマンスでしか試合が出来ないのは、監督しかり選手しかり春からの積み重ねが無駄になるような気がして。体重も大きく上回っているFWは押し負けて、BKは単調な攻撃でゲイン切れずに苦し紛れのパス出しの繰り返し。後半修正するかと思いきや、何の策も無く見事に玉砕。せっかくゲイン切ってもターンオーバーの繰り返しだし。ここまで惨めな負け方だと、よく頑張ったと拍手をする観客にすら怒りを覚えてしまいますよ(笑)。首脳陣、変えたほうがいいよ、指導力の無さを露呈してるだけだし。集まった才能が活かせないのはTOPの責任だから。そんなこと無い?自分はそう思うけどな、、、でもプロじゃないからそんな期待はしてはいけないのだろう。其処あたりはトップリーグネタに。
一方、法政はプラン通りというか、思い描いた形がある程度出せたのでは。案の定攻め込まれても森田のキック一発で戻せましたね。そこからラインアウト、モールでトライなんて、昔の明治だよ。スクラム、モールともに関東学院戦での研究が大分活きていたような気がします。体重差を感じさせない個々の動きは、次の試合でも期待できそう。DFは明治の出来が悪い所為かあまり判断しにくいのですが、、、前に出ていく姿勢はいつもどおりで及第点。優勝したことが大きな自信になっているみたいで、これは準決勝の予想逆になるかな。気になるのはBK陣がやや埋もれ気味。そういう流れだったからということかもしれないけど、関東学院戦ではFWはDF中心になるだろうから、BK陣は仕事増えるので。
第2試合は早稲田対大東文化大。惜しいね大東は、後半10分過ぎから明らかに主導権を握りつづけたのに。あそこで決めさせない早稲田はさすがだけど、というより大東のミスの方が多いし。スローフォワードはな、、、個人的にはまあいいジャンと思ったけど(笑)。早稲田はどうなんでしょう?無難といえば、確かにそうだけどややパフォーマンスが落ち気味?ただ印象の問題かも知れませんね、序盤からもっと圧倒的になると思ったところに大東の善戦だったから。大東はペネトレーターの留学生二人がもっと機能すればよかったけど、徹底的につぶされた(というほどでもなかったのかなあ、でもコメントほど機能したとも思えないけどな)、、、仕方ないか。個人的には大東文化大9番に高い評価、彼の運動量はすばらしかった。
(追記)んー、、どうも大東文化大への判官びいきっぽい感想になってますね(笑)。早稲田的には余裕だったということだろう。大東9番に関しても、たまたま印象に残っただけ?得点経過に騙されてるな、自分。でも第一試合よりははるかに面白かったから。
裏の関西は結果のみですが、帝京は完敗みたいですね。やはり関東アジャストしてきたか。慶応は前半の失点が大きすぎた。爆発力のあるチームではないからあの展開は辛いだろうな。
ということで、ここまでは予想通りの結果になりました。さて準決勝はどうなるか?法政対関東、早稲田対同志社。結構いいカードになりました。国立観戦予定ですが、今から楽しみです。