Electric Sheep

徒然なる日々の記録

新選組!&ラストクリスマス

最近、見るのが遅くなっていて、、感想アップも遅れてしまった。

  • 新選組!」は最終回。いろいろなところにあらすじが上がっているので、あえて書きません。今年一年見つづけた感想としてまとめておこう。

自分の中での三谷幸喜はコメディ作家という位置付け。東京サンシャインボーイズ時代から考えてみても、一番持ち味が出ていると思います。そんな作家が大河ドラマの脚本を書くということは、期待・不安が半々と言う感じ。実際に序盤(多摩編)の数字が伸び悩んだのは、三谷幸喜のコメディテイストになじめない視聴者が多かったと自分は思っています。逆にいえばここでの展開が楽しめた人はこの後の京都編以降は、歴史を追いつつも随所に遊び心を盛り込んだ愉しい話の連続だったと思います。その象徴は「友の死」「寺田屋大騒動」の2本。山南切腹の次に近藤勇の妾を落籍せるエピソードをああいう形で持ってこれるのは三谷幸喜ならでは。この後あたりから、時代から見放される新選組の悲哀が同士の死によって少しずつ、浮き上がってきます。特に大倉孝二のエピソードは法度に縛られることで結束し、崩壊していく新選組という幕末の象徴が隊士の死によって印象付けられたと、自分は思っています。従来の大河であればこういったエピソードの挿入ってあまり考えにくい。時系列にそって史実に脚色していく作品が多かっただけに、この手法はとても良かったと思っています。
今回はキャスティングもほぼ三谷幸喜の意向を受けた形での選出で、これも結果的に時代劇であり、かつ青春群像が描ける良い方法だった。自分も正直香取慎吾主演で近藤勇というのは、イメージからかけ離れすぎて、全くピンとこなかった。何しろ昔は片岡知恵蔵とか時代劇スターが演じてる役だし。でも実際に多摩編をみて、その印象は少しずつ解消。こういうところも今になってみると三谷幸喜は計算していたんだろうな、、、。
残念だったのは、後半のエピソードがかなり駆け足になってしまったこと。隊士が死んでいくエピソードが多いせいか、ちょっと早く流れすぎたきらいがあります。芹沢鴨あたりはじっくり書けていたのに。
今後、こういう大河は三谷幸喜が書かなければ、出てこないでしょう。特にTVや映画出身の脚本家の方にはこの描き方は出来ないと思う。能力が下ということではなく、舞台というフィールドで培ったものとの違いなんだと思う。どちらも面白いけれど、特に歴史ものをやる場合は年配者はうるさいだろうし。自分は見つづけてよかったと素直に思います。そして今後の作品がどんなものになるか非常に楽しみです。幸い、「なにわバタフライ」のチケットも確保できましたし。

  • ラストクリスマス」 ラス前ですが、相変わらず豪華な脇役だな。奥貫薫とか、変わらないな、、、でも老けたか。病気入院の青井と事業部復活に燃える春木のエピソードがやや細切れ。あっさり同室の患者を死なせてしまうなど、ややあっさりと重いテーマだけ出しすぎ。やっぱりこの展開にするまでの積み重ねが軽すぎるから、その落差が効果的じゃないんだよな。海でとった写真は自分的には良かった。あの写真の時の二人の会話は、とても幸せそうで泣き出す春木の気持ちが伝わってきます。まあ自分は泣けないけど。

どっちにするかな、、、この展開なら病気治ってもいいか、、、月9だし。