Electric Sheep

徒然なる日々の記録

ラストクリスマス

ああ、ここから一気にこの方向に持っていくのか。病気の再発をどうするのか、悲劇性高めるか気になっていましたが。ここまでコメディタッチな路線を一気に変化させる落差は賛否両論かもしれませんが、二人が最期どうなるという興味の持続という意味ではうまい手法かもしれません。病名は出てきませんが、もうどうでもいいのかも。織田裕二のまっすぐな思いというのは、この作品の中で一貫して描かれているので、そこは良かったと思います。病気が再発した矢田ちゃんへの言葉はとても説得力がありました。予告では病床にいる矢田ちゃんになっていましたが、悲しい二人のラストクリスマスという方向性になるんだろうな、、、。正直、月9の枠でそう持ってくるとは思わなかった。一発逆転でハッピーエンドでもこのドラマの場合はいいけど。前半のテイストが活かせるし。MEGUMIのエピソードは少々無理すぎ、、あれでは会社役員としての人格疑われるぞ、伊原。ちょっとエピソードが極端すぎるんだよな。