読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

今週はやるの?

波乱含みのプロ野球の諸問題。今日、基本合意(?)がなければスト突入もということで、注目されています。本来、直接的な利害関係が一致しない労使関係がある球団オーナーと選手ですから、合意するとは思えないけど。でも大局的に見れば「野球界の発展」という意味での妥協点を探すことになるのかな。オーナー側はそれぞれに事情がわかるから、球団削減が生き残りという意識統一になるんだろうな。一般企業とかのリストラとか合併と同じ感覚で捉えている気がします。いや、当たり前なんですよ、それが経営者の判断で、普通にいろんな企業がしていることなので。残念なのは、その企業の売上を成立させているのが、経営者直接の施策(?)ではなく、所属選手やファンにあるということ。試合と観戦するファンがあってこその興行であることが、経営者側の判断というより対応のミスを浮き上がらせている。ナベツネの「たかが選手」的な発言は結局誰がお客さんを呼んでいるのか、軽視した結果のような気がして。
いまは世論の追い風もあるので、ストしても非難は少ないし試してみるという手はあるけど、それに伴うリスクは本気で覚悟(賠償責任含めて)しているのか疑問。賃金カットも当たり前だし。ライブドアとか楽天の参入表明は、ややその真意が見えにくいので、もろ手で喜ぶ気にはなれないけど、そういう企業がまだ野球界に対してあること自体は喜ばしいと思う必要があるんだろうな。
そうそう、コミッショナーは辞めていいよ。別にいらないし。実権のないお飾りの調整役ならいくらでも代役がいるので。でもコミッショナーの所為ではなく、そういう規約で適当な人物を置こうとしているオーナーサイドの問題なんだけど。高野連はじめ、余り進歩のない団体が残っている世界だから、変われるのかな?