Electric Sheep

徒然なる日々の記録

ここまでの連ドラ

 結局、見続けているのは「プライド」、「僕と彼女と彼女の生きる道」、「白い巨塔」、「新撰組」、「砂の器」になります。
ある意味でのお笑い有り(もちろんプライドと中居君の演技)など楽しめる要素が多く、週末はビデオ三昧です。あとは往復の電車の中も貴重な鑑賞時間です。
題材が変わっても「僕と彼女と彼女の生きる道」はいいドラマですね。凛ちゃんがいい表情見せてると、思います。わかりやすい演出(小雪ちゃんの態度とか)もあって、すんなりとストーリーに溶け込めるから、安心できます。来週はいよいよ、りょうちゃん(元妻)復活。当然親権争い含めて面白くなりそうです。
「プライド」はいろんな意味で凄いわ。もう許してやっても、、、ってすげえ前に出来たんじゃないのか!と相変わらず突っ込むポイント満載。でもアイスホッケーなので、許す(それ以上の理由はなし)。
白い巨塔」は小説で読んでいるので、大体は把握してるけど、こうやってドラマでみると又違いますね。最終回までいい緊張感が保てそうです。
新撰組」はこの間の「婚礼の日に」は三谷幸喜らしいストーリーで面白かった。最後の微妙な間も笑えたし。時代劇らしさは意図的に消しているだろうから、年配の方の食いつきが悪そうなのは仕方ないところでしょう。
砂の器」は重々しい演出の割に、どっしりはまっているのが渡辺謙だけなのがちょっと気になります。中居君とかはピアニストらしく見えないのが辛いなあ。松雪さんとか武田君とかも何か枯れた感じが出てないから、頑張ってるけど暗さが漂ってこない気がして。まあ難しいところでしょうね、すべてがこの作品世界に当てはまるわけじゃあないから。自分の無いものねだりなんでしょう。
ということで、次のクールでは妻夫木&柴崎、反町&ハセキョー(やった!)、あとは阿部ちゃんが主夫とかいうドラマも始まるみたいで。反町はどうでもいいけど、ハセキョーのためだけに見そうだな。