Electric Sheep

徒然なる日々の記録

サイボーグ009

 単行本で読んで以来なので、懐かしかった。やっぱりアシやっていたから1コマの中の動きとか、キャラの動きとか手塚治虫そっくりですね、石森章太郎。この秋田書店版の漫画が一番好きだな。確かメディアファクトリーで完全版とかいうのが出ていた気がします。
 この漫画はコマの中で動きが完結していること多いので、CLIEで読みやすかった。ちょっとおいおいと思ったのは、1・2話だけ発売して、しかも話の区切りがあんな中途半端なところでの発売って。きっちり話の区切りで出さないと駄目でしょう。何かあんまり読者のこと考えてないなあ、、。