Electric Sheep

徒然なる日々の記録

神戸製鋼優勝!

 昨日のトップリーグ最終節は次のとおり
 神戸製鋼31-21NEC(神戸ウィングスタジアム
 東芝府中50-10サントリー秩父宮ラグビー場
というわけで、サントリーはあえなく4位転落。逆転で神戸が優勝という展開になりました。この結果の要因はいろいろ。サントリーは自分はここでも書いてきましたが、研究され尽くしている戦術・フィットネスでのアドバンテージがなくなっていることが勝てない原因。それでもBKの決定力でディフェンスの甘いチームには勝てましたが。中盤ヤマハに負けたのが一番痛かった。前節クボタに負けたあとだけに連敗は厳しい。ここで負けてるから順位も4位ですし。昨日の東芝戦は本当にいいところ無しの展開。あれだけ防御突破されるのを見るのは久々。ブレイクダウンのポイントでもボール取られまくってるし。こんな内容で修正可能なんでしょうか、永友監督?(あくまでTV観戦なので詳細はわかりませんが)
東芝府中は前半の内容でいけると思ったのでは。確かにミスも多いけどそれ以上にサントリーはざるだったし。去年の社会人決勝とそんなに戦力的な違いは無いんですけどね。ゲインラインを切るまでにどれだけ人数使っているか、東芝は個々の力が非常に高く機能していました。サントリーが一人で止められないのは、システムの問題なのかスキルの問題なのか。もし再戦してもひっくり返すのは今シーズンは厳しいかも。
 神戸はモチベーション落ちたNEC相手なのも、いい方向に向きました。ただNECのディフェンスはもう少しふんばるかと思ったけど、神戸の決定力の方が上でしたね。(試合見てないのでただの憶測)控のレベルがまだ低いけど、レギュラー陣の安定度は一番しっかりしているチームなので、まずはおめでとうございますということで。
 次は日本選手権・マイクロソフトカップです。カップ戦は見に行くつもりです。組みまわせはまだ出てないな、、、もうじきかな?このカップ戦の意義がいまいちよく判らないけど、気になるのは各チームのモチベーション。消化試合みたいにならなければいいや。
日本選手権は、組み合わせ出てますが、関東学院はおそらく釜石、早稲田はコカコーラウェストジャパンと当たりそう。どちらもベストコンディションなら面白いのですが、おそらく厳しい試合になりそう。関東のほうがディフェンス面で期待できるところはあります。早稲田はかなり大変。サイズがない上に怪我人多いままだし。展開ラグビーはいいかもしれませんが、接点での勝負にサイズ負けしそうなので、いかにボールをまわすかがポイント。去年のリコー戦みたいに盛り上がればいいですね。