Electric Sheep

徒然なる日々の記録

ただいま読書中

 今読んでるのは森博嗣の「幻惑の死と使途」と宮本輝の「錦繍」。何故同時並行なのか、自分でも良くわかりませんが、「幻惑の死と使途」は文庫で「錦繍」はPalmで読んでいます。「錦繍」は一度読んでいますが、読み返すと引きずられてしまいました。賛否両論あるとは思いますが、人の心の内を手紙という形式で描いたいい作品だと自分は思っています。書簡形式の作品はいくつかあると思うんですけど、まとまりがいいなあという感想。
幻惑の死と使途」はさすがに犀川助教授がスーパーマン過ぎて、解決までの引っ張り方が苦しい。無関心装ってそれまでヒロインに推理させる展開が毎回続くけど、パターン見えてるからそう思うんだよな。でも推理小説は、目の前の霧が晴れる瞬間が楽しみなので、そこまでは我慢できるからいいか。