読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

ライスボウル

football

 オンワード・スカイラークス対立命館大は立命館の完勝。フィットネスが学生の方が上なのはいかがなものか。オンワードは初回のシリーズがFGの3点にとどまったのは痛いところ。結局、そこでのリズムの悪さが、後に残ってる。あとは早い段階でCB23番は変えるべき、前半の2TDは結局あのCBの動きが原因。素直にリターナーだけにしておけば。身体能力以外のミスマッチはコーチがフォローしていかないと。オフェンスはせっかくの富沢だからショットガンドローをもう少しデザインしても良かった気がする。須永も正直なコール出しすぎ。特に前半はオフェンスラインがある程度我慢できていたと思えるので、もっと相手を慌てさせてみても良かったのに。
 ディフェンスはCBのミスマッチ以外は思い切りの悪さが問題。プレイアクションがあれだけ使われている時点でプレッシャーのかけ方を考えないと、同じことの繰り返しになっている。スカウティングの時点でプレイ絞りすぎ。あとは身体能力の高いQBに対してもっとブリッツしかけて欲しかったなあ。
と社会人応援の自分はオンワードへの不満たらたら。逆に立命館は甲子園から変化無しのオフェンスの多彩さ。ディフェンスはライン戦など、やや負け気味だったので、常に先手をとってTD重ねたのはいいプラン。これで2連覇ですが、関西は三強で常に高い争いが出来るのが強み。関東も法政以外のチームがもっと上がってこないと、甲子園でしばらく勝てないでしょう。
しかしQBの個人能力ベースで勝つなんて、レナウンの松岡みたい。