Electric Sheep

徒然なる日々の記録

Play

若月佑美の先に見えるもの

推しに似て、少しポエマーなタイトルという気はしますが(笑) ここで少し自分が応援しているアイドルグループ「乃木坂46」の一期生、若月佑美さんについて、いろいろと思うことを書いてみようと思います。 特に結論はないのですが、今後彼女が目標としてい…

雑記 9月10日

「ローゼンクランツとギルテンスターン」当選「見殺し姫」当選難しいと思われた舞台、当選となり、かなり驚き。これは自分の持っている運の総量の使い道が間違っているのか?と勘繰りたくなる。個人的にはこのあとマイナスの反動が来ると思っているのだが、…

雑記 8月29日

しんどかった仕事のピークが昨日で終わったので、明日、明後日とお休みになった。 かといっても、すぐに次の準備があるので、まあ楽はできないけど、でもまあせっかくなので、買い物にでも行こうかな。 買い物といえば、Amazonのセールの調子に乗って「Kindl…

劇団☆新感線「髑髏城の七人 season鳥」の感想

先月末(7月下旬)に見ていましたが、なんとなく感想を書きそびれたままに。どうしようか迷ったのですが、消化不良な気もしたので、大雑把ではありますが、残しておこうと思います。 しかしお金の掛かった舞台だこと。 わざわざこの劇場ができたことに合わせ…

舞台「プレイヤー」2017.08.20 マチネ

渋谷のシアターコクーンで「プレイヤー」を見てきました。 二階席でしたが、ほぼ正面だったので、思った以上に見やすかったです。少し角度があるので、表情などが若干見えにくいのは仕方ないですが。 阿佐ヶ谷スパイダースの長塚圭史さん演出、イキウメの前…

舞台「子供の事情」2017年8月6日マチネ・千穐楽の感想

昨日、見てきた「子供の事情」千穐楽の感想です。 終わった公演なので、安心して書けますwww 少し前に新感線の「髑髏城の七人season鳥」も見ていましたが、感想を書くチャンスを逃したままです、、、もういいかな、、、気が向けば書きます。 新国立劇場は…

雑記だが、懐古厨みたいで申し訳ない

最近、時間がたつと昔見たお芝居の印象などは、だんだん薄れることが多くなってきた。もちろん、新しい作品を見ることで、上書きされていくんだけど、なんとなく思い越しておくと、同じ演出家でもどう変化したのか?がわかるかなと思って、以前見に行った芝…

舞台「ベター・ハーフ」の感想 2017年7月15日(土)ソワレ

久々の下北沢・本多劇場でした。 駅の改装などでいろいろとごちゃついた感じがありましたが、街中に出てみると、割と変化なく、にぎやかな感じ。個人的にはああいうちょっとゆるっとした感じが好きです。かしこまっていないので。 本多劇場は久々でしたが、…

雑記 その2 6月29日

なんで、その2かというと、今日は半休にしているということで、今は少し時間があるのです。 ライブのスタート時間だと、仕事をしていたら間に合わない、、、今日は融通が利く日でよかった。 今日、本屋さんをぐるっとまわっていて、アイドル関係の書籍が並…

雑文 6月21日

舞台や映画などの感想以外のことも何となく書いておこうと思って、とりとめもなく。 いま、この文章は先日Amazonのセールで購入したノートPCから打っている。ASUSのT101HAという機種なのだが、こういう機種が三万円を切って購入できる時代かとおもうとびっく…

舞台版「あさひなぐ」を見て

2017年5月28日(日)のソワレを観ました。 場所は六本木exシアター、前から三列目だったので、首が疲れました(笑) ほぼ正面ということもあり、役者の顔をかなり間近で確認できたことは嬉しいのですが、舞台全体の流れを追いにくいのと、ステージが高めにあ…

ジョビジョバ「Keep on Monkeys」2017.05.06 マチネ

久々に見ることができたジョビジョバ。 ネルケ!(乃木坂ファンにはおなじみ)の主催で場所は品川クラブex(松子の公演場所!)とまあ、乃木坂ファンでもある自分はちょっと可笑しかった。 一度、マギーさんと福田雄一さんのユニット「U-1グランプリ」の公演…

アイドルと舞台とか徒然と、、

先に書いておきますが、なんかこれっていう結論めいた文章ではないので。 長いので一応たたみます。気が向いたら続けて読んでみてください。

NAPPOS PRODUCE「スキップ」 2017.04.29(土)ソワレ

napposunited.com 池袋サンシャイン劇場、何度も足を運んでいる劇場ですが、今回はキャラメルボックスの成井豊さんの脚本・演出、主演は元タカラヅカの霧矢大夢さん、元乃木坂46の深川麻衣さんということで、見に行きました。個人的には深川さんが乃木坂46を…

三谷幸喜「不信~彼女が嘘をつく理由」所感

不信 ~彼女が嘘をつく理由 | PARCO STAGE 先週の土曜日、3月11日のソワレ公演を見てきました。 池袋芸術劇場のシアターイーストです。 今は野田さんの「足跡姫」もプレイハウスで続いていて、さらに三谷さんの作品なので、東京芸術劇場は芝居好きには嬉し…

「エノケソ一代記」2016.12.17(土)ソワレ

世田谷パブリックシアターに三谷幸喜さんの新作「エノケソ一代記」を見に行きました。 世間様では「真田丸」が最終回ということで評判なんだと思いますが、三谷さんはすでにこの「エノケソ一代記」と「不信」を書かれています。相変わらず精力的です。更に今…

「墓場、女子高生」雑感 2016/10/15(土)ソワレ

「嫌われ松子の一生」に続いて、現シングルでのアンダーメンバー中心で出演した「墓場、女子高生」を先週土曜日のソワレ公演で見てきました。会場は、東京ドームシティ内のシアターGロッソです。普段はヒーローもののショーを行う場所です。やや傾斜の強い客…

「嫌われ松子の一生」黒い孤独篇 を見て(改訂版)

表題のタイトルの作品、ネルケプランニング制作「嫌われ松子の一生」黒い孤独篇を見てきました。 このバージョンは若月佑美さんが主演です。以前も書きましたが、桜井さんとの違いは何かっていうことも含めて舞台の幕は上がりました。 ツイにも少し書きまし…

いよいよ明日が初日です。

あした、乃木坂46の桜井玲香さんと若月佑美さんがダブル主演で行う「嫌われ松子の一生」の舞台の幕が上がります。 『嫌われ松子の一生』 今回は桜井さんが「赤い熱情篇」、若月さんは「黒い孤独篇」という演出、脚本は同じですが、主役だけが変わり、それぞ…

舞台「新・幕末純情伝」at 紀伊國屋ホール 2016.07.16(土)ソワレ

松井玲奈さん主演のつかこうへい作品「新・幕末純情伝」を見てきました。 つかこうへいさんが亡くなって、今年で七周忌ということもあってか、紀伊國屋ホールでこの作品を見るタイミングになったのは非常に楽しみでした。 天王洲アイルではなく、あえてこの…

乃木坂46 舞台「じょしらく弐」 チーム「ら」「ご」の感想 2016.05.17(火)

前回のチーム「く」に続いて、チーム「ら」「ご」についても、かんたんにまとめておこうと思います。前回のチーム「く」はいろいろな言葉をいただきまして、、、、特に佐々木さんに関しては、意図的に「楽しかった」を繰り返したようですね。まあ彼女なりの…

乃木坂46 舞台「じょしらく弐 ~時かけそば~」 チーム「く」 2016.05.14(土) ソワレ

昨年に続き、「じょしらく」の上演です。メンバーは選抜第三列+アンダーという中で一応、立候補という体裁でキャスティングされています。前回福神で入っていなかった若月さん、桜井さん、生駒さんも入っています。だいぶ雰囲気が変わりますね。 今回はチー…

「大人のカフェ」2016.04.23 ソワレ

乃木坂46の井上小百合さんが客演するということで、大人のカフェ、第9回公演「飲みかけで帰ったあの娘」を見てきました。 最近、井上さんは、「帝一の國」のダブルキャストなど、舞台に関しては高評価が続いている様子で、今回はユニットの芝居ということで…

野田地図「逆鱗」 2016.01.29 東京芸術劇場

これからNODAMAP見ます。 www.nodamap.com 野田秀樹の新作「逆鱗」の初演を見てきました。初演は久々、緊張感も他の公演とはまた格別で、最初に見ることが出来る喜びもあります。 天気は雨でしたが、芝居は非常に濃密な二時間をたっぷりと味わうことが出来ま…

「すべての犬は天国へ行く」 2015.10.11 ソワレ

前回の10.03のブログを読んでくださった皆様、ありがとうございます。 ニーズがあるかは別として、10月11日(日)のソワレを見て、一回目では見えなかった部分だったりしたことを簡単にまとめておこうと思います。 このあと、ナイロン版をDVDで見ますが、比…

「すべての犬は天国へ行く」 2015.10.03 ソワレ

乃木坂46の恒例企画「16人のプリンシパル」が今年は中止というか、企画がなくなっているので、その代わりなのか、13thシングルの福神以外のメンバー(伊藤、井上、生駒、桜井、松村、若月)+13rhアンダーメンバー(斎藤、新内)で、ケラリーノ・サンドロヴ…

舞台「じょしらく」2015.07.19 の感想っぽいもの

昨日、代々木の「AiiA Theater Tokyo」というShibuya AXがかつてあった周辺の劇場で、乃木坂46の舞台「じょしらく」を見てきました。今回推しが出ていないので、迷いましたが、演劇ということであれば見ておかなくては、、という演劇ファンとしての気持ちも…

もう少しだけ「Mr.カミナリ」の感想

どっちかっていうと、演技評みたいな感想だったので、ストーリーについて少し。 金沢さんの書いた脚本は、以前からのSET座付きの大沢さんのテイストを引き継いで、SF的な世界観や設定から始まるけど、最後は郷愁感や人の心みたいな部分に落とし込んでい…

「Mr.カミナリ」を見てきました。

今日は、池袋サンシャイン劇場にいって、劇団SETの35周年記念公演「Mr.カミナリ」を見てきました。 SET自体は見に行ったのは少し間があいていて、久々でした。脚本が少し前から金沢知樹さんに代わっています。比較的評判を見ると良いという方が多いので、こ…

「生きているものはいないのか」の続き

一晩、経つといろいろ考えが広がってきます。マルクスの言葉にある「歴史が繰り返すとしたら、1度目は悲劇として、二度目は喜劇として」という言葉が連想されます。 まさにナナの死は、周りの人間にとって悲劇として始まりますが、死人が増えるとその日常と…