雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

ヨーロッパ企画「サマータイムマシン・ワンスモア」の感想

www.europe-kikaku.com

先週の本多劇場、ソワレ公演で見てきました。

本多劇場での「サマータイムマシン・ブルース」と「サマータイムマシン・ワンスモア」の交互上演。少し前に「STMB」を見てきたので、今回は続編を見てきました。仕事の日程とも絡んで、先に「STMB」を見て後から「ワンスモア」の日程にするのは大変でした(笑)

前作が約1時間50分程度、今回は休憩挟んでの2時間半くらいのボリューム。まあ、最近はナイロン100℃を見ていると、このくらいの時間に動揺はしません。もっと長いのが一度見たいくらい、、、、なんだろう?

野田さん、ぜひもう一度三部作再上演をお願いします(笑)

で、いつもながら簡単ではありますが、感想を残しておきたいと思います。

前作の「サマータイムマシン・ブルース」の出来事が終わってから15年後。あの時のSF研究会、写真部のメンバーが同窓会での集まり後に、久々に大学に遊びに来たのが始まり。甲本は結局、映画に誘ったがその映画館が火事で燃えて、恋は実らずにそれぞれが別の道を歩んで楽しんでいる。そうこうしているうちに、その集まりの場にまたもやタイムマシンが表れて、ドタバタが起こる、、、、という話。

今回はもちろん過去に起こった出来事との整合性もそうだし、今回は「田中」の秘密がわかるのがポイント。

実際見た感想としては、場面ごとのドタバタは本当に楽しい。何にも考えずに笑っていた。気になるのは、途中から何度か出てくる「自力で戻る」の流れ。つまりタイムマシンで時間を行き来するのではなく、その時代から時間をずっと過ごして、元の時間に戻ること。これは前作でもリモコンと甲本が経験しているが、今回はそれを多数の人間が行っていることが描かれます。

しかし、ちょっと無理があるというか引っ掛かりが出てきて、観ていて気になってきてしまいます。まず柴田の旦那さんの「田中」が15年後のSF研にいた学生で、その学生はタイムスリップしたまま、柴田と恋愛をしてそのまま時間を過ごすという選択をしている。いや、現在の家族はいきなり老けた息子を見ることになるのか。さらに言えば過去の本人はその時に同時に子供として存在している。俗にいう「タイムパラドックス」はどうなっているのか? ましてや過去にいる「田中」は身分を証明するすべもなく、社会的ポジションを喪失した状態でしょ!っていう野暮ではあるけど、結構ひっかる話だとは思います。

ほかにも数人、過去に戻って生活する登場人物が出てきますが、そういう矛盾みたいでそうでないっぽい話を含めて、上田さんの脚本は楽しむべきものだし、極論言えば、それでも結果、今の時代に矛盾は生じていないというのが結論なんだと。この舞台作品での脚本は常に結果から逆算して、人物の行動がすでに決定されているという筋立ての基本は変わっていないので。

あえて気になるのはタイムマシンは結果、だれが設計したのか?とか、田村息子が複数回やってくる理由(これも因果だから、来ることが前提か、、、)だったりとか、いろいろ描き切れていない部分がある気がするが、それはまた続編でお願いしようかなと。

以前、映画版「サマータイムマシン・ブルース」が本当に楽しくて、そこからはまったところが非常に強いのですが、こうやってこの劇団を結構見るようになってから、今回の20周年記念ツアーを楽しむことができて、とてもよかったです。

自分はこの劇団の「大学生の同級生感」が大好きです。プロなんだけど、どことなくアマチュア劇団風の空気を残している感じが、見ていて落ち着きます。多少なりとも演劇を見ていると、もちろんすごく尖ったお芝居を見ることもあるし、プロフェッショナルっていうのもいいのですが、それとはまた別の空気感がこれからも楽しめればよいなと。

とりあえず今回の交互上演、早く映像化してほしいと思って、楽しみです。

プロレス的な話題

どのくらい見てきたか、、、思い出せない。

佐山聡イコールタイガーマスクはリアルタイムです。ちょうどIWGPの予選が始まった位には見ていたと思います。

途中まではガチだと思っていたので、蔵前国技館でのIWGP決勝、猪木失神は本当に衝撃でした。そして藤波対長州の大阪で始めてみた掟破りの逆サソリとか興奮で仕方なかったし、UWFが戻って来てからの前田対藤波のあのキックと流血は本気でやばいと思った人。

全日本も見ました。鶴田がニックからAWAバックドロップホールドで奪った試合のテリー・ファンクに大笑いしたから。

生観戦はあんまり興味がなくて、絶対に行こうと決めたのは、新日本対UWFインターの対抗戦・東京ドーム。

あの試合の興奮は忘れられない一つ。

会場の空気含めて、異質だった。殺伐さもそうだけど、そのときはすでにガチじゃないことはわかっていたが、どういう筋書きにするのか、全く見えなかったので。

長州が安生をコケにしたのも面白かったし、健介が負けるっていう流れも面白く、最後に武藤がああいう形で高田に勝ったのもプロレスらしい。

今、思うとなぜその結末で、その役割を担った人がどうしてなのかもよくわかる。特に健介はそりゃそうなるよと(笑)

結局、自分は新日本プロレスが中心で、映像では他の団体も見ていますが、やはり新日本プロレスが楽しいというか、思い入れが深い。

今の変わった新日本プロレスも楽しいです。特に新日本プロレスワールドという便利な配信があることが、またプロレスを良い意味でリアルタイムに追いかける楽しさを作っています。最初はお客さんが会場に足を運ばないかも?と思いましたが、やはり違いましたね。コンテンツをどう楽しむか?の差でした。

今の新日本プロレスはオカダ偏重のストーリーからの転換期をどうするか?がテーマだし、そこに面白さがあると思っています。

内藤が棚橋のおかげで、そして更に自身のキャラ作りを磨いたことによって、一つ別の柱をきちんと構築できました。

棚橋自身はEVILやSANADAを始めとしたいろいろな選手の格上げに協力しつつ、しかし自身も一つの柱として頑張る姿勢がまだまだ残っています。自分は棚橋のおかげでこの新日本があると思っているし、まだまだ頑張ってほしいという気持ちが非常に強いです。でもコンディションどうにかしろと思いますが。

オカダは正直、CHAOSというユニットが結局は邪魔な一つだと思います。ロスインゴ以外のユニットは本気で再編しないと。グッズ売上はわかりますが、マンネリを過ぎて化石に思えます。

BULLET CLUBや鈴木軍も同様で、特にBULLET CLUBはどういう収束に持っていくか。WWEとの絡みもあるでしょうし、このまま来年のドームまで引っ張り、契約で残る人いなくなる人っていう感じかもしれません。

いろいろな人の見解で権利書マッチで棚橋が負けるという意見を多く見ます。棚橋ならそのブックを飲ませてもいいのですが、正直ケニー対オカダをまた見たいか?と言われたら個人的にはノーです。食傷気味。現在のトップ4での組み合わせで新鮮さがあるのが、よりによってケニー対棚橋なのは、失敗だったとは思うんですけど。もっと早くインターコンチのリマッチになれば良かった。まあ棚橋が怪我したので仕方ない。

外道のブックがどうとか、自分もTwitterとかでは、あまり良くつぶやいたことがないです。正直、偏ったストーリーを作って拡がりが少ない気がします。例えば後藤がCHAOSに入ってメリットは結局、何だったのか?とか。後藤自身の格上げどころか、落ちる一方という状況だし。せっかくあれだけのパワフルな素材を活かしていないとは思います。石井があれだけ評価を上げていくのとは対照的。他にも一杯ありますけど。

ジュニアとか含めて、本当にいい選手が集まるリングになった新日本プロレスがこのあとにどういう展開の筋書きにするか?

ジュニアはヒロムの怪我は痛かった。せっかくKUSHIDA以上に人気が出る中心選手を置けたのに。ヒロムもあのキャラは早く辞めたほうがいいけど。そうなるとオスプレイに戻すのか、、、SHO、YOHもキャラクター失敗ということは、さすがに気がついていると思うので、むりやり引っ張るか路線を変えるのか?は注目。

ヘビーは、とりあえずトップ4に食い込んできたEVILとSANADA以外に誰が来るか。ジェイ・ホワイトとか素材はいいけど、あのキャラと試合運びは正直かっこ悪いから早く誰か修正してあげて欲しい。

しかしいろいろと出てきますね、プロレス話題は前の更新でよく拝見すると書いた21世紀の「なぜ?」プロレス論:薮田博史

さんのような熱さまでは今はもうなくて、割と客観的にやや斜に構えて見てしまうことが多いのですが。

今年のG1で、決勝の柴田と棚橋を見たら、久々にやばいなあ、、と思いながら見ていました。ああいうストーリー作りは、特に柴田が戻ってきてからの棚橋との関わりが一つのドラマだっただけに、余計に面白かった。

なんだかんだで、楽しんでいる自分がいることに気が付かされます。

次のブックマッチが楽しみです。

雑記 9月1日

雨、降りすぎて、夕立で家に帰宅するのはびしょ濡れで困ります。

最近、好きなブログに21世紀の「なぜ?」プロレス論:薮田博史さんがありまして、凄まじいアクセス数を知って、驚きしかなかったです。

いや、世界が違うとはまさにこのこと。

ワンテーマに絞るっていう、ごく普通の手法が大事で、あのブログさんは「プロレス」に絞った更新をされていて、確かに面白いというか、分析が興味深い。

実際、内藤選手のファンみたいなので、そこに寄った記事が多いですが、まあそれはプロレス的な面白さです。

自分のブログは全く一貫性というものがなく、最近は乃木坂さん関連含めた演劇の感想が多いかなというくらいで、読まれているわけでもないから、何書いても大丈夫だろうなと思っています。

自分が興味があることは、多分ジャンル関係なく書いていくと思うので、読みたい内容だけ目を通して頂けば十分ですので。

一日、数人しか来てませんし(笑)

雑記 8月28日

新しいスマホのレビューとか、書こうと思ったけど、考えてみたら最近はこういう情報を詳細に発信してくれるサイトが多いので、今更だなあ、、と思って、まあいいかなと。

実際に今回は「Banggood」というサイトから買いましたが、商品は必ず有料発送にするべきだなと。追跡も容易ですし、ほんと、気長に待てるのならまだしも、向こうのシステム考えると、本当に一か月待たされると思うので。自分も有料のEMSにして正解でした。おおむね「8営業日」で届きました。まあ、そんなもんかなと思います。商品状態もきちんとしていたので、十分かと思います。


f:id:unimasa:20180827211604j:image



f:id:unimasa:20180827211651j:image

「honor 10」自体はAntutuで20万点台を出す程度のパフォーマンスですから、おおむね普通の使い方なら問題なしです。ただし、いろいろなところでレビューされていますが、FOMAは使えません。国内で使えると嬉しい「DSDV」にはならないので、これを希望される方は「Zenfone 5」「Zenfone 5Z」しか選択肢はないと思います。そこにこだわりがなければ、かなり動作も軽い良い機種だと思います。

自分はもう一台購入するつもりでしたが、しばらく「honor 10」一台で使いまわしてみようと思います。「Galaxy Note8」の値下がりを待って購入するつもりです。

先日見ていなかったドラマ「dele」を見て一気にはまりました。見る時間がなくて後回しにしていましたが、見始めたら面白い。主役二人の関係性もそうですが、人間模様の描き方、人の心理というか心の動きとかをああいう形で描いて見せられると思っていなくて、ストーリー含めて引き込まれました。

 

山田孝之さんがいいですね、ああいうキャラクターで来ると思っていなかった。もともとなんでもできるというか、幅の広い役者さんですが今回はまた違った冷たさと温かさの織り交ぜられた演技を見ることができていいですね。

逆に菅田将暉さんはああいうキャラクターの裏の部分がどう出るかがたのしみかなと。いろいろな背景がどう出てくるのか、こういう設定もドラマの面白さかなと思います。

ストーリーも第二話のコムアイが出た話は、最後の親に向けての「復讐」というニュアンスは非常に良かったですね。個人的にはそういうきれいごとでないそういう意図が含まれてよかったと思います。そういう部分があればこその話でもあるし、その部分も含めて「dele」されていく情報という終わり方が、個人的には好きです。

最後まで楽しんでいきたい作品です。

他にも「高嶺の花」「義母と娘のブルース」とか面白いんですけどね。感想はまた書く機会があれば。

劇団ヨーロッパ企画「サマータイムマシン・ブルース」 本多劇場


f:id:unimasa:20180824193737j:image

先日、本多劇場で観劇してきました。

 

www.europe-kikaku.com

ものすごく楽しみにしていた作品、映画版を見てものすごくはまって、そのあと舞台版は映像でしかみることができなかったので、久々の再演をすごく期待していました。しかも続編と同時に交互で上演ということで、余計に楽しみが増えました。順番もありますし、仕事の都合もあるので、確保に苦しみましたが、無事に両公演のチケットを押さえることができました。

まずは「サマータイムマシン・ブルース」ということで簡単に感想を残しておきます。

続きを読む

雑記 8月19日

お盆休みで温泉に入り、一段落したあと、またお仕事に復帰して頑張っています。この時期は大変ではありますが、まあ例年のことなので。

今日はお仕事関連の案件を片付けたあとに、下北沢・本多劇場での劇団ヨーロッパ企画サマータイムマシン・ブルース」を見てきます。大好きな作品で、最初に映画版を見た時に本当に楽しかった。壊れたクーラーのリモコンを過去に行って取ってくるという、くだらない設定をあそこまで楽しくできる作品はそうはありません。舞台版の再演はとてもうれしいし、9月には続編もあります(これも確保済み)。まずは今日の作品を楽しんできます。感想は改めて。

新しいスマホを購入しようと考えていて、準備をしています。手持ちの機種(Zenfone3)を手放しました。バッテリー廻りが怪しくなってきたというのもありますが。

ヤフオクで売ったのですが、まあ取引相手が嫌な方で閉口しました。お金を無事に振り込んでくれたのでよかったです。

で、新しい機種ですが、とりあえずは「honor10」にしました。最初は候補が「oneplus6」「Galaxy Note8」の二つでしたが、その前にバックアップ機種を購入しています。上記、二機種はメイン機として検討しているので、たぶん買います(笑)特にNote8はNote9の発表で安くなっているので、ねらい目です。Note8はバッテリー量が少ないのがネック。例のNote7での発火事件の反省から、意図的にバッテリー量を減らしていますから、その分持ちも微妙になっています。Note8一つだと厳しそうですが、バックアップあれば、十分かなと思っているので。でもoneplus6の良さにもひかれるので、悩ましいです。

何か買うときはこういう時が一番楽しいですね。WEBで情報をあさりながら、いろいろと自分の使い道を考えるのが、わくわくします。

で、honor10ですが、先週「Banggood]」

www.banggood.com

 

という中国系のサイトで注文。理由はクーポン込みでその時点で最安だったから。ガジェット系の方々にはおなじみだと思います。今まで自分は「Expansys

www.expansys.jp

とか、「Etoren」

Etoren.com – 世界中の商品を日本語で買える海外通販サイト

で、購入したり探したりというのが普通だったので。中華系は確かに微妙な時もあるのかもしれませんが、WEBサイトを見る限り、そこまで大きな問題はないと思います。支払いに関しては不安なら「PayPal」にするとよいでしょうね、クレジットカードの番号を相手に送らなくて済むし。

最初狙っていた「oneplus6」の激安セールで購入できなかったので、しばらく何を買うか悩んでいました。(「Joybuy」というサイトで、最安だったので買えばよかった、、)。

以前から「honor10」は気になっていた機種なので、とりあえずサイズ感含めて、メイン機になればそれもよしだしという気持ちで注文。この機種は国内で販売されている、Huawei「P20 」のブランド別の機種です。カメラ部分は「ライカ」ではなく、通常のデュアルカメラ仕様。f値が1.8なのはうれしい(Zenfone3は2.0だった)。DSDSではあるがDSDVではないのがマイナス。この辺りの機種レビューは、このサイトを参考にさせていただきました。

gadget.hrksv.com

いつも思いますが、カメラも、何もかも含めてスマホ一つって、最近は難しいこともあるなと。もちろん「P20 Pro」みたいにカメラがずば抜けてすごい機種もありますが。iPhoneみたいにバランスとUIはずば抜けてよいってのもありますしね。

今回、久々にiPhoneに戻ることも考えたのですが、音楽データが基本、クラウドにおいてある(PlayMusic)、課金もそちらにしているから、今更全部AppleMusicにする気にもなれず、まあいいかなと。AppleMusicのほうが品ぞろえはイイのですが(笑)個人的には手元近くに「戻る」ボタンがないのは不便なんですよね、なので今回は見送りしてますが、Note8じゃなくて7Plusあたりはいいかなあ、、とか思ったり。

注文の経緯については、また違う形で経緯をブログに残そうと思いますが、ある程度余裕を持った日数で発注しないと、やきもきします(笑)自分は、この一週間スマホなしの生活だったので、実に不便でした。手持ちのタブレット「MediaPadM3」のおかげでなんとか過ごせましたが。届いたら、また報告がてらまとめたいと思います。

では、お芝居に向かいます。