雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

NODA・MAP 第22回公演「贋作・桜の森の満開の下」の感想


f:id:unimasa:20181116021609j:image

先週の木曜日に、東京芸術劇場プレイルームで見てきました。

この作品は夢の遊眠社での再演千穐楽日本青年館で見て、その後は新国立劇場での上演を見ています。遊眠社の初演を見ていないのは残念。上杉祥三さんが出ているときなので実質劇団時代のベストメンバーでのものだった。その頃はまだ演劇にあまり興味がなかったので、仕方ないです。

今回は豪華なキャストも相まって、チケット確保が大変でした。あらゆるプレイガイドの先行予約が軒並みアウト。確保できないままで、さすがに諦めていましたが、土壇場で補助席販売などがあったおかげで無事に確保。なんとか滑り込みで見ることができました。

いや、安心したというのが事実です。今までで最多の10連敗ですかね(笑)

やはり人気のお芝居はこういうものかもしれません。同じような状況で「日本の歴史」も確保できませんでしたけど。

さて、前置きはこれくらいで作品の感想をまとめておきたいと思います。以前見た作品との比較も多少あるかもしれませんが、演出上の細部が抜けているのも事実で、思い出しつつもあくまで今回の公演の感想というスタンスをベースにまとめておこうと思います。

例によって畳んでおきます。

続きを読む

KERA・MAP#008「修道女たち」の感想

f:id:unimasa:20181108223042j:plain

先週の金曜日に本多劇場ヘ、KERA・MAPの公演「修道女たち」を見てきました。

最近は本多劇場に行く機会が増えました。下北沢までの回数券がほしいくらい(笑)これからも行くわけですし。定期券の範囲が変わったので、交通費もバカにならないのですよねえ、、、まあ、そこまで遠い遠征ではないので、いいのですが。

この芝居のチケットを確保する時期はちょうど「野田地図」で苦しんでいた時(笑)ケラさんのツイに「こっちの地図は取れるぞ」的なことが書いてあって笑ったのを覚えています。

しかし、作品自体は笑いが盛り込まれつつも、ある種の悲しみを抱かせるラストにつながる作品。毎回のことながら、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの上手さはお芝居を見る側にとっては感謝しかない。

まだ公演中でもあるので、ネタバレ込みで書きますから、畳みつつということでご了承ください。

 

続きを読む

ドラマ「今日から俺は!!」を見ています


f:id:unimasa:20181030213220j:image


f:id:unimasa:20181030213313j:image

ドラマ「今日から俺は!!」が楽しいです。

今日から俺は!!|日本テレビ

原作漫画は読んだことがなくて、作風だけ知っていましたが、単純にドラマを見始めて、面白い。

さすが、福田雄一監督です。福田組っていう言い方を良くも悪くもしますが、このドラマでは福田さんのギャグセンスが良い方向に働いていますね。もちろん、世代的にこういうヤンキー風の話が単純に面白いってのもありますが。

喧嘩のシーンもきちんとアクションを作って、でも完璧すぎないというバランスが良い。脚本もテンポよくストーリーと会話が進んでいるので、非常に見やすいです。考えないという言い方は変ですが、肩肘張らずに楽しむ作品、時間帯のドラマだと思います。

俳優さんも上手くキャラクター世界にハマっていて、主演の賀来賢人さん、伊藤健太郎さんの二人が見事なキャラづくり。ヒロイン二人の清野菜名さん、橋本環奈さんも可愛いし。太賀さん、矢本悠馬さんのコミカルさも見事だし、そして我らが若月佑美さんのヤンキーっぷり。まだ出番はそこまで多くはありませんが、毎週見ることができるのは嬉しい限り。

敵役のキャラクターもわかりやすくできているのも、見やすいしハマりやすい要因かもしれません。片桐、相良二人共、個性的でいい配役ですし。

数字も健闘しているらしく、このまま頑張ってほしい。時間帯的に見やすいと思うので、くだらないギャグ(特にムロツヨシさんと佐藤二朗さん)に笑いとツッコミを入れつつ、楽しんでほしいと思います。

若月さん、このドラマでもっと知られて欲しいですね。

 

雑記 野外劇「三文オペラ」とか

今日はほんとになんにもしていない。

在宅で仕事もしなかった。

途中、買い物して、ポケゴーしたくらい(笑)

あとは「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの二作目を見ている途中。結論、キーラ・ナイトレイはやはりきれい。ずっと見ていたい気分。上品なキレイさって、やっぱり持って生まれたものだ。


f:id:unimasa:20181030185953j:image

そうそう、ソフトバンクのショップでiPhone XSとXRを触ってきて、確かにXRのベゼル部分の太さは、若干気になった。その分、横に広い?っていう印象になる。その点、XSは非常に洗練されたデザイン。最初XS Plusの方がいいかなって思ったら、実際に触るとすごく重さを感じたし、XSの画面で十分使えるなと思った。

いま、自分がhonor 10を使っているから、画面サイズに慣れているってのもあるけど。

昨日、夜に「NOGIBINGO!!10」を見ていて、若月さんの最後の出演な感じだったけど、その時メンバーみんなiPhoneで、それだけの理由でiPhoneにしようかと思った(笑)あとはNote9も良いんだけどね。

新機種見ると、物欲沸くの治したいです。

 

この間、池袋西口公園で「三文オペラ」を見てきました。最終日の公演です。野外劇で、試みとしては面白かったです。

作品自体は有名なものなので、演劇ファンとしてはご存知だと思います。野外劇ということで、例えばクレーンや車、バイクを使ったり、公園がステージなので街中の風景が切り取られた演劇空間という雰囲気が面白く感じられました。作品が始まるときの役者さんが、公園に住んでいる人みたいな衣装で、ぞろぞろって入るあたりからの非日常との境目とか、だいぶいろいろなところで意欲的な試みをしていたなと思います。

社会風刺という言い方をよくされますが、実際はその風刺的な立場の主人公すら、助かるっていうオチを考えると、実は皮肉込めたコメディじゃないかと思うくらいの作品だし、オペラという部分も含めて、作り手側の自由度が高い作品なので、またいろいろな形のものがみたいなと思いました。

ナイロンの廣川さんは憎々しい浮浪者の元締めを、それっぽくとそうでない境目を上手く渡るような演技で流石だなと。憎めない役ってこういうもんだなあ、、、、と思いました。個人的に応援している淺場万矢さんは、ヒロインを見事に熱演。少女っぽさというよりは大人の女性が役への取り組みが上手くできていたと思います。他の役者さんも動きがしっかりとされていて、野外という制約の中で上手くまとめていたかなと。

メッキーの絞首刑のシーンは一つのピークなんですが、意外とあのシーンのセリフって、聞いてみると実はそんなに風刺になっていないというか、時代性の違いもあるか。ラストの恩赦があることで悪人含めてすべて助かるっていう結果に、そこまで含めておかしくしている感じが、個人的には良いかなと。シビアではないからこそ、この芝居がずっと演じられているような気がします。

自分は有料席で見ましたが、500円で観た価値は十分にあったと思うし、そういう試みで企画してくれた関係者の皆さん、ありがとうございました。

次は「修道女たち」を見てきます。

それでは。

 

 

 

 

雑記 10月28日「フェイクニュース」とか

お仕事も一旦一段落した時間帯なので、軽く更新。

いろいろとバタバタしていて、仕事のための事前準備が全く進まず、この辺りはなかなかに時間の確保が難しいのです。

 

ドラマ「フェイクニュース」を見ました。

脚本が野木さん、主演が北川景子さんで、今話題の「ネット炎上」をテーマに進めた話。ツイでも書きましたが、リアルな距離感と、ネットならではのつかみどころのない距離感が、うまく描かれていたと思います。炎上案件に便乗する人の責任感のなさも含めて。でもそれがインターネットという場における、微妙な匿名性が生み出すネット住民のスタンスであることはこれからも変わらないだろうと思う。その炎上案件に対する正義感がどう働くか?、、面白がるのか、それとも反論のための犠牲者を生み出すのか?などなど、今回のドラマにはそういった住民の描き方がバランスよく出ていたと思います。筧美和子さんの役柄のような中途半端な正義感と面白がり方とか、自身も含めて気をつけなきゃいけないんだよなあ、、という自戒も思いつつ。

後半の難民関連の騒動で、光石研の「深呼吸しよう」があっさりと崩されて、パニックになるのは皮肉というか、それが現実世界の一端であるという意味でも、決して完全なハッピーエンドでもなく、でも前向きさも残したエンディングにつなげたという意味でも、良い脚本だったなあと思います。ネットメディアの影響力が少なからず既存メディアに限らず、一般市民の発信によっても作られる今の時代、そこに立ち入る人間のふるまいは時代とともに変質していくでしょうし、その変化を微妙に感じ取れるかも大事でしょうね。

編集長の新井浩文さんが決めた「だせえ」っていうセリフが、ネットを楽しむ人が持っておくといい距離感の一つなんでしょうね。そこがうまく推し引きというか、バランスよく変えることができる人が、きっとうまくネットを使える人なんだと思います。

自分にできるかなあ、、、、

 

普段使いのタブレットHuaweiのMediaPadM3で、これがすこぶるいい機種で全く不満はないのですが、それとは別にキーボード付きのタブレットが欲しくて悩んでいます。以前、一度LenovoのYogabook Androidを持っていたのですが、処分してしまったので。新しいYogabookが出るということで見たら、Windows版のみ。なぜかというと、Android版は売り上げが前回、Windows版の半分以下よりもっと悪く、ニーズがないと判断されたそう、、、それじゃあ仕方ない。

そうするとタブレットでキーボード付きって、、、iPadか?ということになるのですが、いかんせん高い(笑)物色していたら、CHUWIのタブレットが面白そう。

https://www.gearbest.com/phone-call-tablets/pp_009718884895.html?wid=1433363

しばらく待てば安くなるから、当面様子見しておこうかなと。買った人のレビューも出るでしょうし。でもApple製品をたまには買っておこうという気が、たまにわくんですよねえ(笑)

来月はいくつかお芝居とか予定が入っているので、そのあたりの感想もまた書こうと思います。

雑記 10月25日

先週までは異様に忙しかったので今週はとびとびで休んでいる感じ。

また忙しくなるんですが(笑)

最近は手元にあるスマホ二台のセッティングとか、新しく購入した「Huawei Band3 Pro」という活動量計の使い心地とか試しています。

 

 

スマホはとにかく「oneplus6」の速さが感動的(笑)今まであれだけレスポンスが早い機種を使ったことがないかも。

敢えて言えば思った以上にバッテリーの減りが早い。スタミナモードみたいなものを使えば良いのですが。

 

もう一方が「honor10」でこれは画面サイズが絶妙。片手で持てるベストサイズ。

どっちも良いものがあるので、メイン機種に悩みます。今のところは「honor10」です。

 

 

活動量計Huawei Band3 Pro」はとにかく軽い。ずっとGarmin活動量計を使っていましたが、全然違う。しかもバッテリーの持ちも良いし、GPS入っているし。

難点は、届くメールなどの通知を表示しにくいこと。文字盤がまだカッコ悪い(笑)

このあたりはファームウェア更新で変わることに期待。

個人的にはあとはXaomiのスマートウォッチを試したいところです。

仕事が忙しいので、こういうガジェットで遊んでいるのが、数少ない楽しみです。

それ以外の話題はまたあらためて。

若月さんとか舞台とか、いくつか書こうと思います。

雑記 10月16日

とりあえず今日は、出先の仕事で早く終えて、そのまま業務終了でよいスケジュールにしたので、そのままスタバに入って、コーヒーを飲みながら少しのんびりしている。

このところ仕事が続いていて、休みが入らないので、ちょっと疲れてきたが、こういう時にだらっとして、気分くらいは少し楽になっておこう(笑)

仕事関連は、好不調の波が激しく、それは自分の失敗もあるし、環境の悪さもあるし、責任者の方向性との差だったり、、、どこにでもあるような話なので、特別なことでも何でもないが、実際日々そこに触れていると、やっぱりそういうものに慣れていくのは、気持ちをすり減らしていく。でも仕事ってのは少なからずそういうものだし、、、っていうことも、さすがにおっさんにはわかっているので、折り合いの付け方を自分に早く構築していくしかないんだけど。

劇的な変化が起こるわけでもないので、少しずつ埋めていくことに励みましょうと、いうこと。

お芝居は三浦春馬さんの「罪と罰」、生田絵梨花さんが出る「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」を取っています。特に「ナターシャ」は生田さん関係なく非常に見たかった作品なので、とても楽しみ。あとは若月佑美さんの「鉄コン筋クリート」の千穐楽も見に行きます。仕事後の時間でよかった。間に合いそうです。年内はあとは「修道女たち」「贋作・桜の森の満開の下」「三文オペラ」が控えているので四本かな。本当は「日本の歴史」も行きたいのですが、大激戦で確保できる気配がない。ちょっと厳しいかなと思っています。あとはまだ見たいものがあるにしても、仕事の関係で押さえることができる日が限られているので、スケジュール的に難しそうです。

ライブはミスチルのたまアリと、Perfumeの横アリは決定。あとはPerfumeの年越しライブがとれるかどうか、、、行きたいなあ、これは。でも厳しいでしょうねえ。

ミスチルはまだニューアルバム、聞いていないけど(笑)

読書は積読になっていた「未必のマクベス」を読み始めました。まだ序盤ですが、非常に文体が読みやすい。言葉も柔らかい使い方に思えます。これからどんどん進んでどういう感じになるのか、楽しくなってきました。

 

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

 

 あとは沢木耕太郎さんのエッセイ集を購入しています。これは「未必のマクベス」の後ですかね。

 

銀河を渡る 全エッセイ

銀河を渡る 全エッセイ

 

 以前から大好きな作家さんで、講演会とかもよくいきましたが、最近は少し読むペースが遅かったと思います。自分自身がSNSをやったりで読書ペースが悪いので、変えていきたいなと。

 

あとはスマホが「honor10」「oneplus6」の二台になったのですが、どっちをメインにするか悩んでいます。性能的には圧倒的にoneplus6なんですけどね。サイズ感はhonor10っていう。ただ活動量計garmin)との連携などでhonor10はすごく不便で、タスクキルがすぐに働き、連携が切れてしまうため、メールなどの着信が届かないっていう(涙)そういう事情もあって、今しばらく思案をしているところです。

基本、huaweiスマホは外部連携における相性が悪い(例えばfitbitなど)ケースが多いので、気にしたほうが良いとは思います。

 

先日、若月さんがでたドラマ「今日から俺は!!」を見ました。Hulu版で見たのですが、笑えましたね。福田監督らしいギャグや間がたくさんで日曜日の夜は、こういう力の入らない作品がちょうどよい気がします。若月さんも脇役のわりに出番も多く、正直「おおー」と思いながら見ていました。もっと出番が増えるといいですね。

卒業の話題は一段落というか、先日の名古屋での全国握手会で、いったん一区切りだと思うので、あとはイベント関連がどうなるか、、、何かは考えているという話でしたが。個人的には、次に何が決まっているか?を楽しみにしていますけど。

 

とまあ、まったく何のまとまりもなく、何かの感想みたいなものでもない文章で終わります。