Electric Sheep

徒然なる日々の記録

映画「散歩する侵略者」所感

映画『散歩する侵略者』公式サイト

昨日のブログにも少し入れましたが、9月9日から「ダンケルク」「散歩する侵略者」「三度目の殺人」と面白そうな映画が同時公開。どれを先に見るか迷いましたが、秋に舞台を見に行くこともあって、早め確認したいなと思い「散歩する侵略者」を見に行きました。

監督は「cure」などの黒沢清監督。「ドレミファ娘の血は騒ぐ」とか、結構好きだった。あの映画は洞口依子さんの存在感の強さもあるか。だんだんスリラー作品的な要素を増やしつつの中の、今回の「散歩する侵略者」です。原作はイキウメの前川知大さん。映画化にあたっては、原案としての関りで脚本は、黒沢清監督と田中幸子さん。何度か一緒に仕事をされていますね、「リアル~完全なる首長竜の日~」などいくつか。前川さんがどこまで関わったのか?はわかりませんが、舞台と映画ではフォーマットも演出も違うので、それはそれでよいとは思います。あとはこういう素材をどう活かすのか?だと思うので。

主演は長澤まさみさん、長谷川博己さん、松田龍平さんなどなど、、、豪華なキャストです。前川さんの作品は先日、舞台「プレイヤー」を見て、興味深かったので、舞台版の「散歩する侵略者」もすぐにチケットを取りました。黒沢監督の描く怖さと、前川さんが描く怖さの融合がどうなるのか?が非常に楽しみだったのも先に選んだ理由の一つです。

ここからネタバレ込みで書きます。これから映画を見に行く方はご注意ください。

続きを読む

雑記 9月10日

「ローゼンクランツとギルテンスターン」当選

「見殺し姫」当選

難しいと思われた舞台、当選となり、かなり驚き。これは自分の持っている運の総量の使い道が間違っているのか?と勘繰りたくなる。個人的にはこのあとマイナスの反動が来ると思っているのだが、それが何かわからないので、不安でいっぱい、、、、こういう性格がネガティブさの表れなのは仕方ない。昔からである。

ただ「ローゼンクランツとギルテンスターン」は仕事にぶつけられていた気がするので、いけないかもしれないという、、、何事もうまくはいかないもの。

このクールでは見ているドラマが「コード・ブルー3th」でこの評判が微妙になってきた。

特に緋山の恋愛要素が必要以上に出てきたこと、予算の関係上、ヘリが飛ばないのは我慢するが、医療と成長のバランスが今一つな状況が続いていることなどなど、、、後輩が出るのは当たり前だし、その成長をどう見せて、レギュラーメンバーは医者としてどう向き合うか?であるべき話が、どうもどこぞの中間管理職としての白石や、やたらと決めにかかる藍沢になっているのがどうにも。藤川と冴島はあの子供の件は、二人の大人としての成長というか直面する問題としてはよかったと思うけど。

やっぱり脚本が林さんから安達さんになったことは、特に恋愛要素を盛り込むような指示がプロデューサーから出ているかどうか不明ではありますけど、成功しているとはいいがたいのかなと。初回の藍沢がヘリに乗るあたりは、ヒーロー登場みたいでよかったですけどね。メインキャストがすでに医者として成長している分、どうしても次のステップの問題に直面させるとなると、難しさはあるということは理解はできるんですけどね、、、さすがにあのエボラ騒ぎの件は、ちょっと閉口でした。


映画が立て続けに公開があり、「ダンケルク」「散歩する侵略者」「三度目の殺人」とあり、うれしい悲鳴。「散歩する侵略者」は舞台も見に行くのだが、映画版も黒沢清監督なのでこれは外したくないところ。他二本も監督さんを考えたら、外せない。さあ、いつ行くかが問題なのです。結構、時間を作るの大変だ。

個人的なお話

あっという間に年月が過ぎ去ったので、今日を迎えてしまう怖さというか、さみしさというか、、、

ただ、大病や怪我などもなく、無事に生誕の日を迎えることができるのは、ありがたいことと思うべきなのでしょう。

母からお祝いの言葉がLINEで送られてきて、時代だなあ、、、、、と痛感します。

普段はあまりパーソナルなことは、Twitterにもブログにも書くことはないし、そういうことに興味自体を持つ人はいないと思うので問題はないと思いますが、とりあえずこのブログの主が無事に一つ年齢が増えて、さらにおっさんになったという事実をここに記しておきます。

雑記 9月5日

明日でまた数字が増えてしまうかと思うと、もう憂鬱さしかないのだが、そうはいっても必ず増えていくものなので、まあしかたあるまいとあきらめるのが毎年恒例の心境。

 

Kindle Paperwhiteで読書を始めたら意外と便利だったということに気が付く。少なくとも複数の書籍を持ち歩かない便利さと、好きなタイミングで本を切り替えるのは便利。気分で、今日は「鬼平犯科帳」を読もうとか「深夜特急」読もうとか自由だし。こうなるとますますAmazonの戦略にはまって、本をKindleで買うっていう事態が起こることがよく分かった。

Amazon恐るべし、、、

ちなみに以前手持ちの本のいくつかは「BookScan」というサービスにお願いをして、PDF化している。これをうまくKindleに入れるとさらに楽なのだが、USB接続とかする必要があるので、まあ時間ができたらやろう。

 

桑田佳祐さんの東京ドームのコンサートチケットが確保できた。一次優先ですっかり忘れていて、二次予約で確保。ファンクラブの恩恵はこれくらいはないと。ただ席は期待できないのは知っている。ファンクラブの優先で座席がよかったことは一度しかないから(笑)

もちろん、今の桑田さんとかサザンオールスターズの最近の音楽性については、賛否両論あり、自分の中に歯がゆさは十分にあって、どうするつもりかな?という懸念は残る。簡単にいうと、意図的にメッセージ性を盛り込もうと桑田佳祐が発信を重ね、その気持ちを音楽に込める。いや、確かに今までのいろいろなアーティストがやってきていることだが、サザンオールスターズというバンドが支持を得て、愛されている要素はそこが中心ではないという話。

恋愛だったり、生き方の迷いだったり、郷愁だったり、軽いジョークだったり、エロだったり、、、、、きっとサザンオールスターズがいろいろな人から愛されてきた楽曲の魅力はこっちの要素が主流で、そこにどういうエッセンスを振りまくか?でより楽しさが広がるバンドだし、それが桑田佳祐という人の作る音楽の世界だったと思う。

年齢を重ね、いつまでもエロやジョークばかりではないかもしれない。それはもちろん当たり前だが、いまのサザンオールスターズの楽曲にせよ、桑田佳祐の発信にせよ、そういった「音楽をどうやって陽気に楽しむか?」みたいな部分が消えて、出てきたとしても再生産のような感じが、時代とか年齢っていうものを実感する(冒頭に戻る、、、)

でも、やっぱり好きなんだよねえ、、、っていう気持ちが消えないのは、自分が過ごしてきた音楽を聴いてきた時間の中心にサザンオールスターズ桑田佳祐がいるという事実がやっぱり一番大きいんだと思う。

音楽が幸せにしてくれるとか、つらいときに少し気分を晴れやかにしてくれるとか、胡散臭い言い方だけど、でも実際にそういうことをサザンオールスターズの音楽がしてくれたことは確かだったので。

 

がらくた (初回生産限定盤B)

がらくた (初回生産限定盤B)

 

 

そういえばニューアルバム、まだ聴いていなかった、、、、。

雑記 9月1日

あっという間に9月ですか。

仕事は毎度変わらずですが、今月は一個年齢が増えちゃうとか、いろいろと起こるので、個人的には考えることが多い月という気がします。

伝説のPalmが復活へ。2018年、TCLから – すまほん!!

この記事が妙に面白く、自分のTLにもちょくちょく出てきて、懐かしくなりました。

このブログを始めた初期の頃は、まさにPDAというか、ソニーCLIEに興味津々だったときで、初号機のS500を購入して、その後はN700とか、NX70、UX50とかいろいろと買いました。海外製の機種もいくつか、、ほぼ手放してしまっていま手元に残っているのはUX50だけですが。

このときはPalmつながりでいろいろなブロガーさんの記事を楽しませてもらったと思います。

すっかり廃れてしまいましたし、その後W-ZERO3がシャープから出てからは一気にスマートフォンのカテゴリーが日本でも動き出したので、今の様子を見ると隔世の感。

さて、上記のリンクの記事だと、どういう形でPalmを使うのかが今ひとつ不明ですが、Androidベースでどう使う気なのか、、、まあ正式にどう出るかが楽しみ。

雑記 8月29日

しんどかった仕事のピークが昨日で終わったので、明日、明後日とお休みになった。

かといっても、すぐに次の準備があるので、まあ楽はできないけど、でもまあせっかくなので、買い物にでも行こうかな。

 

買い物といえば、Amazonのセールの調子に乗って「Kindle Paperwhite」を購入してしまった。昨日、封を開けて起動させたら、確かに軽い。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

ただ挙動がやはりタブレットなどに比べると、遅い。そのあたりはCPUのパワーの違いもあるだろうから仕方ないけど。最近は読書をするのに、リアル書店で本を物色してから、Amazonで注文とか、Kindleで買うっていう状況が多い。本が多すぎて収納スペースに困っているのが問題だけど。実際、電子書籍の手軽さは最近よくわかる。それでも紙の本も購入するけど、共存は可能だとは思う。所有物としての本の価値を高める工夫があればだけど。

 

 

BRODY (ブロディ) 2017年10月号

BRODY (ブロディ) 2017年10月号

 

 

Twitterにはいくつかつぶやいたけれど、雑誌「BRODY」を購入した。気になっていた乃木坂46の二期生に関する記事を読みたかったので。これはツイで何となく書いたらまとまりがなくて、だめだなあと思いながら、、、自分の意見としては個人闘争であるアイドル稼業に、グループに入った時期での幸不幸とか、優遇不遇っていう感覚がどうにもなじめなくて。今も打ち出したらちょっと止まらなくなったので、この件はやはり機会があればなんか書こう。

このところ、舞台の感想をいくつか書いていたけど、なかなかうまく書けなくて忸怩たる思いが残る。表現力が足らないし、深く読み取る感性も乏しくて、表面的な事象をなぞっている感じがあって、さすがにもっと感覚を高めろよということなんだけど。ただ、いくつか見た中で、不満もあるけど「プレイヤー」は面白い作品。もっと怖くてもよかったなあと思うけど。入れ子にした事で「プレイヤー」というシステム自体の恐怖感は薄れている。実際にはそのシステムは存在しないことが前提で、でもそういう感覚に侵食されていく役者たちっていう構図自体は面白いのだけれど。実際の役者たちも同じことを初めてしまえばよかったのだろうか。新感線の「髑髏城の七人」はあれだけのお金をかけてやったら、今更小さい劇場で演劇できないだろうなあ、、、いっそのこと昔の夢の遊眠社がやったように、代々木第一体育館で舞台をやったらどうだろう。髑髏城のバージョンいくつか一挙上演とかいって。個人的にはそういうてんこ盛りな感じは大好きです。

すっかりと「ローゼンクランツとギルテンスターンは死んだ」の予約を忘れていた。これは確保できないかもなあ、、、ヨーロッパ企画は行きたいので、調整しよう。イキウメは無事に「散歩する侵略者」を取ったので楽しみ。こういう不安感をあおる作品は非常に好みです。

 

関心は舞台ばかりでもなくて、これからはラグビーシーズンなので、秩父宮に行くかもしくはスカパーで観戦とか増えそう。というか見たい。とりあえず優先予約で日本代表対オーストラリア代表の試合は確保。自由席だけどまあそれは仕方ない。なにしろ高い。まあしょうがないけどね、あれだけのチームを呼ぶわけだし。もっともどの程度のレベルの選手が来るのかはわからないが。

ラグビーに関しては最近はツイでよく出てくるワールドカップに向けての宣伝というところがクローズアップ。なかなか厳しい問題。代理店とか入っているはずなのに、動きが弱い。一部のファンからはまず集客が目的だから、バレーボール&フジテレビの施策のように、ジャニーズタレント関連をキャラクターにして集客成功などの事例を見習うべきという意見が多い。個人的には反対で、あれ結局協会の主催する大会への収入アップにはなったけど、バレーボールそのもののファンが増えていない。まず足を運ばせてそこから一人でも、、という考えた方もわからなくもないが、どうにもバレーボールの事例がプラスには思えず。かといって有効な手段を思いつけないので、もどかしい。個人的には大学ラグビー選手権の時の山崎紘菜さんの例のように、普通にイメージキャラクターを置くほうが良いのかなと。少なくともジャニーズに秩父宮でライブをやられるのはちょっと辛いので、それよりは現実的な広報活動に向き合ってもらえそう。時間もないので早めに決めてほしいのですが、、、一番いいのは石原さとみさん。女性受けも高い、ボールを持っている姿が絵になるなど、宣伝という点で彼女は非常にいろいろな場面で上手に対応しそう。べたな人選ではありますが、、、基本色の強くない女性がよいとは思います。

 

という文章をだらだらと打っていたので、そろそろ休憩も終わるので、アップしておこう。

劇団☆新感線「髑髏城の七人 season鳥」の感想


f:id:unimasa:20170826222509j:image

先月末(7月下旬)に見ていましたが、なんとなく感想を書きそびれたままに。どうしようか迷ったのですが、消化不良な気もしたので、大雑把ではありますが、残しておこうと思います。

しかしお金の掛かった舞台だこと。

わざわざこの劇場ができたことに合わせて、これだけの企画を動かすのだから、劇団☆新感線は体力があるなあと思います。

今回はseason鳥なので、キャストは阿部サダヲ森山未來早乙女太一松雪泰子梶原善などの客演陣。そこに常連の池田成志粟根まことなどのメンバー。前回の「花」もすごいキャストでしたが、今回もよく揃えたものです。

前回の「花」は先行予約をすっかり忘れていて、気がつくとソールドアウト。まあ、仕方ない。今回の「鳥」も最初は取っていなくて、仕方ないかなーと思ったところに、タイミングよく空き席の情報を見かけたので確保した感じ。お金が掛かった芝居だけにチケット代も強気w 演劇で一万円台は久々です。ミュージカルくらいですかね、それくらい豪華な作品ということなんですが。

個人的には、まあいろいろと芝居を見ていく中でこういう豪華さも良いなと思います。お金をかけた豪華さも、俳優の肉体から出る表現力もどちらも楽しいものがあります。どちらも観客を魅了するためのモノなので。

さて本筋ですが、簡単に。

時は戦国時代、天下統一を目論んだ織田信長明智光秀に討たれたあと、豊臣秀吉が天下統一を成し遂げるために動いていたその時、関東には関東髑髏党と呼ばれる一群が勢力を広げて、関東に新たに髑髏城を築城する。その城の絵図面を持った棟梁の娘が、城から逃げたことから話が始まる。

その後、亡き信長の遺志を継ぐとばかりに暗躍する髑髏党の党首、秀吉、家康、またその髑髏党野望を砕こうとする忍びが入り乱れた戦いを繰り広げる、、、、

みたいな感じです。

何度も上演しているので、今更感ですが、、、普通にエンターテイメントの活劇です。豪華なセット組み、演出です。

まずセットですが、IHI STAGE AROUND TOKYOという劇場の売りが360度回転です。簡単にいうとTDLにある「スターツアーズ」のような視覚効果を得る仕組みがあります。客席全体の回転と、上下動の錯覚です。平衡感覚が弱い人にはちょっときついかもしれません。ただ客席が回転することでステージはその周りにいくつも組めます。なので、複数のステージに幾つかセットを事前に組んで置くことができます。暗転ではなく回転で進行します。

演出上は、そのステージの移動をつなぐところを作れば良いので、やりやすいのかな?と思いながら見ていました。実際の演者の方はどうなのでしょう。ステージ上を実際に走る場面も増えるし、大変なのかな?とは思いますが。個人的にはストーリー全体が流れるような動きの大きな作品なら面白いと思います。

 演出上の不満という物足りなさとしては、実は暗転も一つの演出効果だったりするので、そういった部分がなく、なんというかどんどん話が流れてしまう部分は、作品次第で難しいと思います。悪く言うと正直、ちょっとドリフのセット回転みたいな感じですw

ただ今回のような活劇では、勢いというか作品のスピード感も大事だったと思うので、その辺りは劇場の特性とストーリーの進行を上手く組み合わせていたと思います。

配役陣は皆さん素晴らしい方ばかりですが、個人的にはこういう時代劇でその役が生きているなあと思ったのが、早乙女太一さん。もちろん幼少から大衆演劇での経験が長いこともあって、舞台での演技うまいのは当然なのですが、早乙女さんはやはり殺陣になったときに身体の動きの滑らかさが良かった。これは作品によっては評価が割れるかもしれませんが、この作品での早乙女さんは他の方との対比という部分も含めて良かったと思います。緩急の付け方含めて、舞台映えされる方ですね。声も艶っぽい方なので、実際の役どころである蘭兵衞が非常にハマっていました。

あとは天魔王の森山未來さん。これはさすがの役どころ。舞台経験が豊富ですし、何より悪役を楽しんでますよね、森山さん。捨之介や蘭兵衞に対する非情さと、信長に対する複雑な想い、野望への強い意思などなど、ストーリー内で見せる天魔王の様々な表情を十分に感じさせる迫力でした。森山さんは声がすごく迫力があって、そこが非常に良かった。ある意味、演出的には典型的な悪役の台詞回しですが、それ逆に迫力を増した感じです。

主役の捨之介、阿部サダヲさんは、いつもながらのサダヲさん。コミカルな部分も主役としての苦しみも含めて、軽妙に演じています。やっぱりエンタメなので、重すぎないってのは大事かなと。蘭兵衞と天魔王がそれなりに重いキャラなので、捨之介が重すぎない感じが残るのは良かったと思います。あとは池田成志さん演じる雁鉄斎との絡みは楽しかったですね。ベテランならでは。

あとは松雪泰子さんの極楽太夫はきれいでした。松雪さんは新感線の作品、結構客演していると思いますが、今回の艶やかな太夫の役はなかなかのもの。ドラマとかでは、自立したキャリアっぽい役が多いなあと思いますが、こういう舞台ではまた別の印象が残ります。

池田成志さんは、もう何やっても楽しいからいいです。自分の役割をきちんと全うできる俳優さんだし、今回も作品中のコメディな部分をきっちりと拡げてくれます。アドリブも問題ないし。自分は「熱海殺人事件」の伝兵衛部長からずっと好きだった好きな役者さんです。

粟根さんは少し前に深川麻衣さんの「スキップ」で見たときと全く違う役柄。まあこの方も楽しそうに演じますね。池田さん同様にこういう方が配役に中にいると、演出家はありがたいだりうなあと思います。

休憩を挟んで三時間以上の作品ですが、一気に楽しめた感じです。歌舞伎のような役者さんの見せ場、決めを作るのはいつもの感じだと思いますが、そういった作り方も含めて中島さんの脚本、いのうえさんの演出と外すことなく作っています。

気になるとすれば、蘭兵衛の心理とか天魔王の心情、捨之介の動機とか、その信長に係わった三人に対する心理描写が定番すぎるとかそういうところなんですが、まあそのあたりを役者さんの表現力で情感たっぷりに魅せるところは、経験値だなと。まあ、そういう作品ではないんですよね、この芝居は。その辺りは娯楽ときちんと割り切っておくべきところ。

あえて気になると言う部分は、そこがすでにフォーマットになってきたことかなと。そのド定番がいいというのも事実でもありますが。例えば今回の配役の構造って、「轟天石川五右衛門」とさほど変わらない。まあどっちも面白いけど。でも自分はこういう感じの演出なのねっていう予測というか、感覚が出てしまうので、そういう部分を含めて定番として楽しむか、それを裏切られような演出にしていくか、そういうこともこれからの楽しみにできれば良いなと。

こうやって感想を打つと、次の「season風」が見たくなってきた。最初は無理に行かなくてもいいかな、、と思っていたのですが。もし日程的に行けそうなら考えよう。あとはチケットがあるかどうか、、、

でも今回は思い立って見に行って良かったと思います。