雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

舞台「アジアの女」の感想


f:id:unimasa:20190926092913j:image

先日、渋谷シアターコクーンにて「アジアの女」を見てきました。

コクーンシートを取ったことで、見えにくい・しんどい思いをしたことは、以前のエントリーに書きましたが、それはそれとして、、、今回は作品の感想をまとめておこうと思います。

あらすじは、

ある被災地(大地震が原因)において、侵入禁止区域にある自宅で今でも住んでいる兄妹。その自宅は一階が震災で押しつぶされている。兄妹の父がその一階に取り残されたまま(実際はすでに死んでいる)。妹はその一階にいるネズミを父と思い、配給で渡される少ない食料を分け与えている。妹は心を病んでおり、兄はその妹の面倒を見るために一緒に暮らしている。

そこにやってきた一人の中年男性。彼は作家で、被災地に住む兄は、その作家の担当編集者。かつて作家は、その担当編集に煽られて、一遍の面白くない小説を雑誌に寄稿、そして酷評された経験がある。作家はそのまま書けなくなり、無為に時間を過ごしていた。編集者は作家の父からお金をもらって、その作家をおだてていた事実があり、そのことを恥じて、編集を辞め、お金を返して、この場所に来た。

被災した家には妹に好意を持っている警官、妹をボランティア(実際は風俗)へと誘う自称ボランティアリーダーが訪れ、兄妹を取り巻く環境が変化していく。そして被災地は徐々に日本人・外国人という人種間での争いが頻繁に起こるようになり、最後に悲劇を迎える。

 

おおよそこんな感じです。脚本を長塚圭史さん、2006年に書いた戯曲で、今回はこの作品を吉田鋼太郎さんが演出しています。妹役に石原さとみ、兄役は山内圭哉、警官が矢本悠馬、ボランティアリーダーが水口早香、そして作家役に吉田鋼太郎という五人のキャスティングです。

前半の軽妙さと重さがバランスが良く、特に吉田鋼太郎さんの作家の才能の無さを感じさせる部分、山内圭哉さんのいらだちなどが前半の流れの中でじわじわと伝わってきます。山内圭哉さんの兄は心を病んだ妹の精神を安定させたい一心、発芽しそうにない土に種子を植えても、ネズミの鳴き声を父の声と思っていても、ひたすら同意する。そして兄自身は酒に溺れ、その生活に逃げ込むことしかできない。

山内さんは個人的には「噂の男」の演技がものすごく印象に残っていて、あのクズっぷり(褒めています)はすごかった。その時からいつも何かに出ているのを見るたびに注目してしまう役者さんです。今回も心の弱さと妹への優しさが同居した演技を見せてくれました。

石原さとみさんは、前回の舞台は映像でしか見ていなくて、今回舞台での彼女を見るのは初。日頃のドラマで見てもいろいろな役柄を演じていますが、今回の舞台での彼女は非常に興味深い。ある意味、菩薩というかマリアというか、性的奉仕をするボランティアということと、激しい愛情をうちに秘め、それが原因でかつて精神崩壊を起こすという過去が危うさを感じさせる演技です。激情的なシーンはほとんどなく、精神崩壊が感じられるのは淡々と過去を語るとき。それだけにその危うさが観客側にじわっときます。ボランティアの意味を本質的に理解しているのかは不明ですが(奉仕をする代わりに、被災地での配給権利を受け取る)、妹の中にはそんなことよりも「私がどうすればいいのか?」という盲目的な生きがいをもつことでバランスを取っている状況が見えてきます。石原さとみさんは、そういう危うい線をどっちにも転がらずに演じているので、そのあたりが流石だなと思わせます。

前半の最後に兄が、父がいると信じ込まれていた一階への穴に飲み込まれるシーン(幻想ですが)、あのあたりは兄の持つ心のバランスの危うさが伺えて、そのまま前半終わりだったので、変な余韻が残ります。それだけに余計に後半での兄は、どういう存在なのか?をなんとなくもやもやしながら見ているので、余計に集中している自分(笑)

後半の作家が少しずつ再生していくシーン、兄も編集者として協力していく場面、妹が新しい生きがいを見つけて、ついに今の家を出ていこうとする、少しだけ希望のように見えるところがありながらも、最後は妹に起こる悲劇に些細なことの積み重ねがあっさりと壊される状況を表していました。平穏な日常を送っていた場所に震災が訪れたのと同じように。

この作品の中で見える人の危うさとか、あさましさとか、純粋さとか、人がどういうものであるか?みたいな部分をたくさん感じることができるのは非常に楽しい。吉田鋼太郎さんの演出がオリジナルとどう違うのか?とかはわからないのですが、石原さとみという俳優を使うことで、この作品での精神の再生と現実の崩壊を戯曲世界で楽しめたと思います。

ラグビーワールドカップ2019「日本対アイルランド」の感想

昨日は外出していましたが、ラグビーのために早々と帰宅。テレビ観戦に備えました。

日本代表19-12アイルランド代表

この結果には、もちろん驚きはありますが、あの四年前ほどの衝撃は自分にはありませんでした。初戦のアイルランドを見たときに、あのFWからボールを奪うのは難しいだろうなあという印象があり、もしこれまでの代表の戦術として、キックを多用したアンストラクチャー状態を狙ったものだと、まあアイルランドのFWにボールキープをされたまま押し込まれるという懸念はあったので。

流石にそこは考えていて、キックはほぼ封印して、相手FWを愚直に止めることを繰り返しながら、相手のオフェンスを我慢するという展開。

逆に日本のオフェンスは細かくパスをつないで、アイルランドDFの的を絞らせない状況を作りながら、前に進める状況を作っていました。

序盤のアイルランドはさすがの動きで、日本もうまく抑え込んでいましたが、ゲインは切られてしまいます。最初のトライにつながったキックパスに関しては、山中の動きはやや微妙なもので、ボールが見えていなかったかな?仕方ないのかなと。二本目もあのFWの圧力では仕方なかった。ただもっと崩されてもおかしくないアイルランドFWの動きに、日本代表がタックルを繰り返す様子はすごいなあと感心しきり。個人的には攻守に渡り再三の好プレー連発のトンプソン、姫野両選手の素晴らしさを称えたい。

SO田村は一本目を外して、またか、、、と思わせましたが、その後のPGをきちんと決めてきたので、感触とかが戻って来たかなと思いました。SH流は今回のようなパスワークでの捌きあっていたかなと。細かいパスワークで、うまく継続できていたので、このあたりはロシア戦よりも良いパフォーマンスに思えました。BK陣は今回はあまりに大きなスペースをもらえない状態での展開だったので、難しかったと思います。それでもCTB中村などはきちんとパスを供給していたし、DFもしっかりとしていたので、安心できました。

FB山中は逆にキックが活かせない分、うまくランブレイクできれば良かったのですが、ちょっと趣きが違ったでしょうか。緊張か途中もやや雑な動きがあったりで、難しさを感じます。

リーチを先発から外しましたが、結果として彼が入った時間からチームがぐっと締まった印象。あのタイミングでの投入は怪我の交代とはいえ、後半へのつなぎという意味でも非常に良い判断だったと思います。

後半の無失点は自信を持っていい内容かと。DFの集中力を切らすことなく、ゴールを背にした状況でも規律をしっかりと守った内容でした。途中後半30分くらいからアイルランドの攻め手が見えずに、廻して縦につく以外のことができなくなったのが、試合の流れを決定づけた状況だと思います。

最後の福岡のインターセプトのシーンで追いつくアイルランドの14番はすごかった。あの流れで追いつくか、、、と思いながら。あのまま終わるわけですが、最後のキック蹴り出しで勝ち点1を取りに行くアイルランドにティア1の国の怖さを見ました。

トーナメントに出るために必要なことが、あの場面で選手自身にスパッと判断がつく冷静さと決断力。おそらくそういうことの積み重ねが、ティア1であり、世界ランキング2位ということ。あらためて凄さを感じたシーンです。

日本が将来冷静にああいう場面で対応できるだけのスキルがつくと、もっと嬉しいでしょうね。

さてこれで勝ち点9、サモア戦での勝ち点次第でぐっと決勝トーナメントへの道が変わります。こうなると一位通過のほうが良さそうに見えますが、一位だと相手は南アフリカの可能性、二位だとニュージーランドです。さてジャイアントキリングの再現を狙うのか、それともブルームフォンテーンの悪夢を振り払うだけのパフォーマンスを見せるのか?楽しみが増えてきました。

舞台「GOZEN-狂乱の剣-」を観ました。


f:id:unimasa:20190923200952j:image

先週の土曜日に池袋サンシャイン劇場で見てきました。この劇場はいつ以来と思ったら、深川麻衣さんが乃木坂46を卒業したあとのお芝居「スキップ」以来という気がします。

今回は同じく乃木坂46を卒業した若月佑美さんが出演されるということで、見に行きました。

感想を簡単にではありますが、まとめておきます。

筋書きは殺された父の復讐として叔父を狙う息子という話から、死者の蘇りという話に進んでいきます。有り体にいえば、前半はうつけという設定でハムレット風の復讐を、後半は山田風太郎さんの「魔界転生」になります。主人公も最後死んでしまうので、悲劇っぽくまとめていますが。ハムレット風の戦いの流れでいくほうが話は深みがあって面白かった気はしますが、そこはそういうものか。後半のエンタメ要素がないと、あの「秘剣」技が活かせる場面もない。

2.5次元風な上にビジュアル重視の舞台という感じだったので、もちろん客層の主体は女性陣。そこに若月さんファンの人がいる様相、、、違うジャンルのファンの方々がいる空気は面白いものでしたし。個人的にはそういう芝居、得意ではないので、若月さんじゃなければ、多分行かないジャンル。実際のストーリーは、そういう元ネタ切り貼りっぽい部分がありながらも、うまくまとめていたと思います。最後までそれぞれの剣客や武将への見せ場をきちんと作ったりとか、こういう活劇中心のお芝居での作り手のフォーマットみたいなものをきちんと守っていて、このあたりはさすがだなあと。

自分の中で苦手なのは、これは女性ファン向けなのかはわかりませんが、人気のある男性役者さんに演出上、急に可愛い演技をさせてギャップ萌みたいな部分を意図的に盛り込んだりするのが、やっぱり合わないなあとは思っていました。必然性が完全にストーリーではなく、そういう客層向けなので、ストーリーから心が離れてしまう。緊張感の持続がもう少しあってもいいような気はしますが、それは作品としては仕方ない部分かも。

若月さんは前半のラブラブモード全開は、やや過剰気味で、こういうのはやっぱり元アイドルがやると違和感なく可愛らしさが出るなあ、、、、と感心して観ていました。「恋のヴェネチア狂騒曲」のときはこのあたりのぶれの場を作るのが、役柄的に難しかったかもしれませんが、今回は後半が死者の復活なので、その落差をうまく活かせて役が作られていたと思います。後半の死者の復活では、「鉄コン筋クリート」のときのような二面性をうまく引き出せて使えていたと思います。殺陣はまだちょっと難しかったかな。使う刀が脇差だったこともあってか、動きが小さくなってしまうので。声の出し方とか、彼女らしく考えて作っていたので、後半のほうが若月さんらしい演技へのスタンスを感じて観ていました。

エンタメの芝居としては、よくまとめていたので、SNSで見た人の評判が思った以上に高かったのも頷けます。もちろんありきたりというか、幻想的な作りに時代劇を持ち込むと、割と似通った感じになってしまうのは仕方のないところ。あと、あれだと本来の御前試合っていうフォーマットが活きたものになっていない気はします。御前試合があってもなくても、前藩主の野望達成への動きは関係なくできてしまうから。まあ映画との連動もあるから仕方ないですね。

主役の矢崎広さん、最後の元木聖也さんとの殺陣は見事でした。あのスピードで止めるのは大変だなあと思いながら観ていました。トレーニングも大変だったと思います。早く動くことも大変ですが、筋力で動きを瞬間的に止めるほうがきついだろうなあと。殺陣ってだらっと流れる動きがかっこ悪く見えますし。お二人とも動きもダイナミックで、線を描くような刀の動きがすごい。元木さんはああいう衣装を着ているので、特に大変だと思います。上半身の動きがままならないだろうなあ、と思いながら観ていました。ついこの間見た「THE BANK ROBBERY」とは全く違うキャラで、さすが役者さんという感じ。

山本亨さんを久々に舞台で見た気がします。つかさんの舞台によく出ていて、その頃の印象が強かったので、ああいう役どころをするようになったのかと感慨深い。自分も歳を取ったのだなと(笑)

AKANE LIVさんは元宝塚というだけあって、立ち姿が凛々しいし、動きもしなやかで、若月さんいっぱいいろいろと教わりな!って思っていました。声の通り方も、声色もうまい使い分け。こういうのはキャリアですね。

波岡一喜さんは、迫力というか、人の持つ野心みたいなものを滲み出す感じが、非常にうまく出ていて敵でもあるし、そうでない部分もあるしというバランスがうまく出ていたと思います。変にきれい事にまとめていない役柄がうまくあっていたと思います。

個人的な演出での違和感は感じつつも、ストーリー自体はエンタメとしてうまくまとめたので、前半後半のストーリー変化も楽しめたいいお芝居だったと思います。

 

 

ラグビーワールドカップ2019 開幕戦「日本対ロシア」の感想


f:id:unimasa:20190921111614j:image


f:id:unimasa:20190921111631j:image

開幕戦を東京スタジアムで観戦してきました。

ラグビーワールドカップを生観戦できる喜びは、筆舌に尽くしがたいものがあります。いろいろな試合を見てきたなかで、歴史的意義のある試合に立ち会えることはそうはないので。

関係者の皆さんの努力に感謝するとともに、ぜひ見たことがない方にも試合を現地でもテレビでもいいので、楽しんでほしいと思います。

 

さて、昨日の試合の感想をざっくりと。

地元開催の開幕戦というプレッシャーがどれほどのものだったか、昨日は緊張のあまり不調の日だったSO田村選手の「早く終わってほしかった」に込められていると思います。よくプレッシャーを楽しむという言葉を言う人もいますが、実際そんなことが簡単に言えるものでもないよなあ、、、と思いながら。

スコアは日本代表30ー10ロシア代表という状況で、勝利の上にボーナスポイントを獲得できたことは非常に大きなところです。予選リーグの最終戦での厳しさを考えると、二位通過を狙うためにもこの数字は大きな意味を持つと思います。

試合内容はお世辞にも褒められた内容ばかりではなく、キックボールの処理ミスが続いて、そこからロシアフォワードの圧力に押し込まれて先制のトライという嫌な流れでスタート。日本代表はロシアの縦の圧力にやはり苦戦する場面が続きました。いくらフィットネスを上げてもあの重量級のロシアFWは、かなりの難敵だったと思います。それでも日本代表は横にうまく広げてスペースを作り、松島のトライ。ここはしっかりとオフェンスでの日本の展開が功を奏して、松島につなぎスピードで勝った場面でした。

昨日の松島はいいポジショニングを実践していて、FBでなくWTBとして、フィニッシャーとしての動きがしっかりとできていたと思います。そこに至るまでの日本のボール展開もトライのシーンでは、数的優位をきちんと作り出していたので。ロシアのようなFW主体のチームには有効でした。

もちろん課題もあるのですが、一つは前半はあまりFWでしっかりと作って押していくというよりは、そのロシアのFWの圧力を警戒したのか、細かくパスを繋いで突破しようとしてロシアDFに捕まるという場面が多かったこと。これはSH流のリズムが今ひとつということもあって、苦戦しているなあという印象が非常に強かったです。前半チーム戦術の徹底なんでしょうけど裏目になってしまいましたね。

結果的にはロシアFWはだいぶ疲れた感じもあったので、後半の得点へとつながる部分もありますが、他の試合ではどう修正していくのでしょう。田村・流の不調というかリズムの悪さはこの試合の特別なプレッシャーならではのものと信じておきたい。特に田村はキッカーとしても機能しなくてはいけないので。最後にロングのPGを決めての交代はいい判断だったと思います。その前に変えてしまうと悪いイメージを残したままなので。アンストラクチャーを狙って蹴った方向が相手正面ばかりってのは、さすがに変えてほしい部分もありますが(笑)。

交代で入ったSH田中はそつなく。ハイパントの場面は少しヒヤッとしますが、リズムは流の時よりうまく進んでいたと思います。そして山中と松田は今後も試合でもきちんといけそうという選択肢になったかも。先発でもいいような気はします。気持ちの充実がすごく見えますね。運動量が豊富ってのもありますが。山中のロングキックは非常に有効で、特に運動量がきつい時間帯であれだけ伸びるキックをしてくれると、ロシアの戦術選択が狭まるだけに有効でした。そこが昨日の田村との違い。スタメンでいけるところがあれば楽しみです。

松島のトライを産んだラファエレのオフロードパスは芸術ですね。

https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/1175237560857051137?s=19

他にもまだまだありますけど、とりあえずまた次の試合を見たりしながらということで。

 

いよいよ明日開幕!ラグビーワールドカップ2019

ついにこの時が来ました。

どれだけ待ったことか、、、というか開催が日本で決まったときに、そのときには自分はおっさんになっているなあ、、、とか思い巡らせていましたが、その年齢を迎えて、そして明日の開幕戦を競技場で迎えることを嬉しく思います。

ラグビーというスポーツを楽しむようになって、そこそこの年月が経っていますが、集大成は大げさにせよ、一つの区切りが来たなと思っています。

あの四年前の深夜に観戦し、涙を流した日本対南アフリカ戦から、日本代表はどれくらい強くなって、どれくらい変わったのだろう、、、、ただラグビーを見てきて思うのは少なくとも、宿沢広朗さん以降、平尾誠二さんやら向井さんやら、国内での実績は確かだが、国際的に通用する戦略を貫けない時代、エルサリドの悪夢、萩本時代の低迷、カーワン体制の限界などなど、、、、自分が見てきた時代その前も含めて、いろいろなことがあったなあと思います。エディ・ジョーンズも今でこそ神格化される部分はありますが、初期はかなり厳しい状況だったと思います。しかし代表の強化という一点において、日本はなんとか踏みとどまりあの世紀のジャイアントキリングを持って、ここまで来たなという思いです。

本当はもっと盛り上がって欲しい気持ちが強いです。あのジャイアントキリングのあとの国内の盛り上がりに、日本ラグビー協会はきちんとした手を打つことができませんでした。五郎丸選手がテレビに呼ばれるだけ。チケット販売、広報戦略など、ほぼ無策なままで時間だけが過ぎていき、そしてせっかく参加したスーパーラグビーへの切符も、森喜朗元会長の個人的な意向から始まった無用論が進み、参加する権利を失うことになってしまいました。

先日まで放送されていたドラマ「ノーサイド・ゲーム」のような官僚的なラグビー協会の動きそのものが現実にずっと進んでいたわけです。

でも、そんなひどい状況が続きながらもなんとか、本当になんとか明日を迎える、ワールドカップが開催されるという日がやってきたことを、自分は嬉しく思います。

起こった出来事はここまで、嬉しいこと、寂しいこと、どっちも多くあったはしますが、それでも無事に日本で開かれること、そのために小説がラグビーを題材にして、ドラマまで放送されたこと、いろいろなメディアが取り上げてくれること、そして明日その場に自分がいること、、、、

そういういろいろな部分を含めて、明日「日本代表対ロシア代表」の試合を観戦します。

今でもあの南アフリカ戦での五郎丸選手のトライは、自分が見てきたラグビーの試合の中で一番心に残るトライです。神戸製鋼の八連覇を阻止した永友選手のPGも感動しました。明治大学が国立競技場でロスタイムに早稲田大学に逆転トライで負けたときは、脱力でした。自分が見てきたいろいろな試合の、いろいろな記憶がごちゃまぜになって自分の中に戻ってきているのですが、そういう記憶の中に明日の試合が刻まれることを楽しみにして、東京スタジアムで日本代表を応援してきます。

雑記 Perfumeのベスト盤が届く

あとで写真を上げますが、、、いやデカイよ、でかすぎだよ。

舐めていたよ。

cube状って聞いていたけど、でかすぎだよ。

普通の棚に収まらないじゃん。封開けて、後悔したさ。

楽曲自体は基本持っているものばかりだからいいんだけど、そういう問題じゃなくて、とにかく収納先を考えます。

さっき、奥さんに怒られたばかりです(笑)

あと、ドームツアー、当たりますように。

追記

下手で申し訳ないが、これがアスマートで頼んで今日、届いた完全生産限定版。


f:id:unimasa:20190917230521j:image

追記2

Perfumeの東京ドーム公演、無事に確保できました。

よっしゃー!

雑記 SNSで呟かない

まだ10日間くらいしか経っていないけど、、、、、

だいぶ慣れた感。

今のところ、すごい呟きたい!ってのは無い。

情報は閲覧専用アカウントで十分に収集できている。瞬間的に「これは!」っていうネタがあっても、なんとなくスルーしている間にテンションも下がる。

多分、金曜日のラグビーワールドカップ開幕戦のときは、その時だけアカウントを戻して、呟くかもしれません。