Electric Sheep

徒然なる日々の記録

舞台「子供の事情」2017年8月6日マチネ・千穐楽の感想


f:id:unimasa:20170807113936j:image


f:id:unimasa:20170807113952j:image

昨日、見てきた「子供の事情」千穐楽の感想です。

終わった公演なので、安心して書けますwww

少し前に新感線の「髑髏城の七人season鳥」も見ていましたが、感想を書くチャンスを逃したままです、、、もういいかな、、、気が向けば書きます。

新国立劇場は結構久々な気がします。以前書いた「透明人間の蒸気」「贋作・桜の森の満開の下」の再演を見たのがこの劇場で、すごく奥行きの深いステージを使った演出が多くあります。走る役者は大変ですが(笑)

今回は二階席でしたが、ほぼ真正面だったので、無理なく見ることができました。この劇場の問題点は、座席ごとの通路の区切りが少ないので、出入りにすごく苦労する点でしょうか。足元のスペースはそれなりに余裕があるので、まあ移動する人が出ても、多少は楽ですが。

今回、三谷幸喜さんが描いたのは、小学校での教室を舞台にした、子供の話でもあり、大人の世界の構図の縮図でもあります。難しい話ではなく、単純に子供らしい世界観の中に大人びた様子の出来事が繰り広げられて、でもそこは10歳の子供の見せるおおらかさで話が進んでいきます。

配役は

アニキ:天海祐希

ジョー大泉洋

ホリさん:吉田羊

ゴーダマ:小池栄子

ヒメ:伊藤蘭

ホジョリン:林遣都

ソウリ:青木さやか

ドテ:小手伸也

ジゾウ:春海四方

リピート:浅野和之

以上です。濃すぎますよねwww この方たちが10歳の役を演じます。とにかくこのメンツが喋り捲って、動き回って、楽しませる二時間半です。

出来事は転校生であるジョーが放課後にいつも残っている生徒たち「スーパー9」に遭遇するところから始まります。

描かれるのは、子供のするいたずらを(主にゴーダマ)を諫める(アニキ、ソウリ)という構図だったり、ちょっと変わった恐竜大好きなドテをめぐる話だったりと、デフォルメされつつも笑えるエピソードが続きます。

転校生のジョーが動き出すところから、だんだん子供の世界の話に大人の感覚が入り混じって、今まで周りの信頼を得ていたアニキが仲間外れになり、ジョーがその代わりにクラスを治め、かつ引っ掻き回すあたりから、動きが増えていきます。

このあたりのエピソードの盛り込み方はさすが三谷さんで、子供世界でも起こりそうな権力闘争(笑)を大人が見ても笑えるようにかつ、適度なデフォルメを交えつつ見せていきます。この辺りは小学生なのにリーゼント、天然パーマ気味な髪形の大泉洋さんが本当にうまかったし、爆笑でした。あとは恐竜の歩き方の真似をするドテの動きのすばらしさ、「細かすぎるモノマネ」に出したいくらいです。

芸達者が多いせいか、ある程度自由にやらせるシーンも秀逸で、特に前半の学芸会の練習のシーンは傑作。WOWOWの放送でどうなっているか注目です。特に伊藤蘭さんの「スイカ売りの少女」の一連のアドリブ、そのあと林遣都さんにムチャ振りされた小池栄子さんの間抜けな「やっとみつけたわ」の繰り返しミュージカル。大泉洋さんが笑いすぎで、このシーンは本当に面白かった。

千穐楽ということもあってか、出演者の感覚がもう完全に慣れていて、リズム以上に役に対する理解度が相互に深いことが感じられました。せりふごとの間もうまくて、大人が演じる10歳の子供の中に、基本は大人の雰囲気だけどどこか子供らしさをにじませる空気をきちんと感じさせていたことがさすがだと思います。

特に小池栄子さんと青木さやかさんは、本当にうまい役者さん。お二人ともカメレオンではないんですよ、そのあたりが浅野和之さんとかと違うところ。でもしっかりお二人の個性の中に役柄がうまくミックスされて、小池栄子さんも青木さやかさんもその役柄がにじんでくるところがすごいなあと。特に小池栄子さんはなぜKERAさんが起用したりするかがわかった気がします。青木さやかさんもこういう方向にシフトして、正解ですね、本当に。

三谷さんの引き出しの広さは感心します。今回の作品は「エノケソ一代記」「不信」とも全く違う作品です。ちょっとアットホームな感じを出しつつも、コメディとして仕上げています。

見続けていると何となくですが、描きたいものが常に変わるのは当たり前ですが、舞台では「状況」というか「空間での出来事」を巧みに描くなあと思います。三谷さんはドラマや映画だと基本は「人物」が中心だと思います。もちろん表現手法や視聴者の違いや、舞台という空間とモニターという違いはあります。三谷さんの舞台がやはり面白いのはその切り取った「出来事」を「線につなげて見せていくか」のうまさだと思います。今回も大まかにいうと四つのエピソードから構成されてきますが、そこをどうつなぐか、それがラストにどう活かされるか?という中で観客を楽しませる作品です。いたずらにせよ筆箱のエピソードにせよ、そういう大げさでないものをうまく使う技術は流石だなと。

正直、感動とか教訓とかそんな大げさな話ではないし、みんな仲良く!みたいな話にしたいわけでもないしです。あえて言えば、自分の10歳の時代も記憶はほとんどないが、こうだったかもしれないという想像の琴線に少し触れて、そして甘酸っぱくて懐かしい感覚を共有できることが、この芝居での三谷さんからの楽しみ方の提示なのかなと。幼少期の自分を今の自分に重ねて、どう楽しむか子供の自分はもういないけど、今の自分がどう楽しめるかは、自分次第だな、、、とか思いながら。

そういう一人ひとりの感想があって、それで十分だと思うし、三谷さんがこういう作品を変わらず書いてくれるうれしさをこれからも楽しませてもらえれば、ありがたいなあと思います。

最後に役者のみなさん、カーテンコールに四回も出ていただきありがとうございました。お疲れのところ、観客の拍手に応えていただき、そしてやりきった満足そうな笑顔を見せていただき、この作品を見に行って良かったと思いました。

お疲れ様でした。

雑記だが、懐古厨みたいで申し訳ない

最近、時間がたつと昔見たお芝居の印象などは、だんだん薄れることが多くなってきた。もちろん、新しい作品を見ることで、上書きされていくんだけど、なんとなく思い越しておくと、同じ演出家でもどう変化したのか?がわかるかなと思って、以前見に行った芝居のパンフレットを見たりして、思い起こそうとしている。

特に芝居を見始めたころは、予備知識も少なく、学生時代の友人に詳しい人がいていろいろと教わったり、「演劇ぶっく」を読んだりとか。

そんな中で、自分の中での評価が高い作品をいくつかご紹介。今、映像で見ようと思ったら、ないものもあるので、再演アピールを自分もしていきたいところです。

  1. 「透明人間の蒸気(ゆげ)」
  2. 「出口なし!」
  3. 朝日のような夕日をつれて’91」

まず上がるのはこの三作品。

「透明人間の蒸気」は野田秀樹さんの作品。初演は1991年です。野田秀樹さんに関しては、「赤鬼」「キル」「逆鱗」「贋作・桜の森の満開の下」とほかにもあるのですが、個人的には初演の段田安則さん、円城寺あやさんのシアターコクーンでの演技が印象に残ります。夢の遊眠社という劇団の終焉が近づいていた時期で、この時期は看板役者の上杉祥三さんが出演していなくて、そのポジションは羽場裕一さんが演じていました。

作品自体は二十世紀で消滅してしまうものを集めろとの命を受けた軍が、結婚詐欺師である主人公アキラを追いかける。そのアキラをかくまう三重苦のヘレン・ケラとサリババ先生を中心に日本という国の歩みや、神々の存在など、いくつもの話がこの物語の中に盛り込まれていきます。

Kindleなどに戯曲があるので、興味があったら、それを読んでいただくとよいかもしれません。

 

透明人間の蒸気[ゆげ]

透明人間の蒸気[ゆげ]

 

再演の時は阿部サダヲさん、宮沢りえさんで演じられましたが、 ラストが初演と違っていて、そこだけがさみしいなあと今でも思っています。最後にアキラが言うセリフによって、21世紀に残ったものかどうかが変わるのですが、、、あれは初演版に合わせてほしかったですね。

興味深いのは三重苦のヘレン・ケラは足の裏で言葉を感じるのですが、それは先日までのNODAMAPの作品「足跡姫」で今度は表現する足として使われる。野田さんの場合は、こういった手法も非常に多くて、気が付かされることが多いです。

 

「出口なし!」は三谷幸喜さんを実質、舞台では初めて見た作品だと思います。いや、あまりの面白さにそのまま帰りにプレイガイドに寄って、残り見に行ける公演を探して、急遽そのまま確保したくらい。

唐沢寿明さんが宮本信子さん演じる精神科医のいる病院に余興をするための役者として呼ばれる。その病院で助手を務める森口瑤子さん、もう一人の医者である益岡徹さんが関わって、唐沢寿明さんの過去と、宮本信子さんの本当の狙いが明かされていく、、、、

テレビ放映が昔、衛星放送でありましたが、それ以外はないかなと。DVD化もないので、見る手段はかなり限定されると思います。これは傑作です。笑いという点でもそれぞれが絶妙なバランスを保っています。登場人物四人のそれぞれの位置づけのうまさも含めて、三谷さんの作品では一番お勧めしたい。人によっては「笑の大学」の西村・近藤版を推す人が多いかもしれませんが。

三谷さんの作品の笑いとシリアスのバランスは、舞台のほうがやはりうまい。そうでなければ「新選組!」「真田丸」のようなじっくりと描き切る作品でこそ、面白さが引き立つ。舞台は振りまいた素材をその場面でうまく活かすし、長尺のドラマでは。やはりその過程もじっくりと見せる。映画は個人的には「ラジヲの時間」以外は正直あまり評価をしていない。それはやはり笑いがあまり昇華されていないというか、不完全燃焼な感じが残るからだと思う。なんでそれが面白い?っていう印象が残ることが多いので。

次に見に行く作品が「子供の事情」です。役者は言うことなしなので、どういうコメディに仕上げる(コメディなのか?)のか、今から楽しみです。

 

朝日のような夕日をつれて’91」ですが、この作品はおととしに上演された「朝日のような夕日をつれて2014」にもいろいろと書いています。

unimasa.hatenablog.jp

91年版の一番のすごさは時代感とか、鴻上さんの劇団、第三舞台が当時持っていたスピード感とかがすべて凝縮されていたこと。もちろん役者さんも素晴らしい五人で演じていますが、あらゆるタイミングで情報やら鴻上さんの描く世界の感性やら、役者さんの演技力がかみ合ったものだと思います。

 

朝日のような夕日をつれて 21世紀版

朝日のような夕日をつれて 21世紀版

 

 

実際、演技力というよりは、多少その場のノリに近い演出やアドリブのバランスなど、はまるかどうかはありますが、その部分を抜いても、自分は5人の役者がセットほぼなしで見せる世界に浸りきったことが大きいです。

とにかく考えるようになりましたね、この作品を見てからは。割と受け身というか、舞台上での状況を普通に見て楽しむという感じから、舞台上で発信される情報を目いっぱい受け止めて考えるという楽しみ方をするようになったと思います。で、それでよかったと今でも思います。舞台上でのせりふ、動き、音、所作、すべてに意味がある。それは感情を表したり、空虚であることを実感させたり、、、「ゴドーを待ちながら」の不条理世界と、五人の登場人物が繰り広げる世界の交錯がどれほど芝居に関して、正直詳しくなかった自分に影響を与えたか(笑)

 

正直、もちろんこの三つ以外にもいろいろと語りたい作品はありまして、つかこうへいさんの一連の作品、ケラさんのナイロン100℃関連なども語れないくらい出てきます。蜷川幸雄さんもそうだし、、、ただ、今の自分が舞台をちょっと見るようになって、いろいろと感想をこういう場で書くようになったりするときに、この三つの作品は舞台の楽しみ方や、情報の受け止め方、役者・演出って何に目を向けるべきかとか、教えてくれるきっかけになった作品だと思います。特に野田さんと鴻上さんは最初はせりふからの情報量が多すぎて、消化できない。じゃあ、どうすればいいか、、勉強するなんですよね(笑)不条理劇とか、その作品の状況を楽しめなければ、意味もないし。

最近の芝居は、例えば乃木坂メンの出演する芝居を見たりすると、確かに推しが出ていて、かわいいとか嬉しいとかあるんだけど、まあほぼ考えないというか、情報量が圧倒的に少ないので、物足らないこともある。だから「足跡姫」とかもう楽しくてしょうがない。こちらが能動的に作品に入り込んでいく楽しさは、なかなかに代えがたいです。

今度、シアターコクーンに見に行く「プレイヤー」などは、どれだけ楽しめるのか、今から期待値が高まります。

 

ほう、この文章で2800文字くらいですか、、、、まだまだですねwww

 

舞台「ベター・ハーフ」の感想 2017年7月15日(土)ソワレ


f:id:unimasa:20170716221342j:image

久々の下北沢・本多劇場でした。

駅の改装などでいろいろとごちゃついた感じがありましたが、街中に出てみると、割と変化なく、にぎやかな感じ。個人的にはああいうちょっとゆるっとした感じが好きです。かしこまっていないので。

本多劇場は久々でしたが、やっぱり演劇好きにはあそこは紀伊国屋ホールと並んで、落ち着くというか、芝居を見に来たなあ、、という気分が高まる場所と思います。スズナリとかもあるので、またいろいろ見に行きたい気分です。

とりあえず昨日は鴻上尚史さん作・演出の「ベター・ハーフ」を見てきました。初演とメンバーが変わって今回は松井玲奈さんが入っての4人芝居です。ほかは片桐仁さん、中村中さん、風間俊介さんです。

鴻上尚史さんはもちろん第三舞台などでも、いろいろな作品を描きますが、今回はまああの人らしい恋愛モードな作品です。ただし、問題定義というかその中に「トランスジェンダー」という要素が入ってきます。そのうえで心の変化を映す出す数年間という4人の歩みを追っていく作品です。ある意味、ライトでもあります。トランスジェンダーは一つの要素に過ぎず、その人物のいろいろな是非を考える作品とはいいがたいからです。

さて、東京公演は明日までですが、そのあと名古屋なども公演があります。細かい感想は、たたんで書こうと思います。

続きを読む

ドラマ「残酷な観客達」の感想(ラストまで、ネタバレあり)

残酷な観客達|日本テレビ

今まで見たエンタメの感想をのんびりと書こうかな、、、と思っていたのですが、先にこちらの作品について、少し書いておこうと思います。

欅坂46が主演した日本テレビ系列の深夜ドラマ「残酷な観客達」が昨日、第9話がオンエアされて、Hulu の先行配信で最終回が放送されました。

とりあえず、先行配信なので、まだ未見の人も多いと思います。ここからはネタバレ含みで書きますので、リアルタイムでオンエアを楽しむ方は読まないでおいてください。また読まれた方も内容については、発信をお気をつけいただければと思います。

続きを読む

雑記 7月12日

昨日、PCに「Open Live Writer」をインストールしたのだが、ブログデータの読み込みまではなんとか進んだものの、そのあとの更新作業云々で躓くというか時間切れみたいなことになったので、いまこれ移動中に打っていますが、普通にブラウザから更新っていう面白くもなんともない状態。早く日本語化してほしい、、、頭が悪いので、、、

 

昨日は選抜メン云々でボヤいたら、反撃が来たり、仕事も今一つすっきりしない話が出てきて、消化不良な一日。こういう時にお酒を飲んで発散できる人はうらやましいというか、そういう手段を持たない自分はせいぜいランニングとかかな。

 

ランニングというか健康管理用に活動量計を正しく使おうと思って、昨日までやっていたAmazonのプライムセールでGERMINの活動量計を購入。今年に入ってからFitbitのモノを購入したりしていましたが、Fitbitの機種一連SNSと電話以外の通知がアクティビティトラッカーに届かないというデフォ仕様で、使うためには別アプリで設定という話。で、試しに買ったものでセッティングしたら、まあ届かない(笑)割り切ってもよかったのですが、それならやめておこうと思って、全部手放すことに。アプリはよいのですが、、ちなみにアカウントもユーザー操作のみで消すことができないので、Fitbitでアカウントを消したければ、サポートにメールで連絡を入れて消す必要があります。

PolarかGERMINが候補になって、Polarの新しい機種にかなりひかれたのですが、Amazonのセールの安さにひかれて購入。

 

 基本、アプリの評価は微妙ですが、自分が欲しい機能はすべてあったので、これを使っていこうと思います。

本当はすでに持っているソニーの「Smartwatch3」に活動量計の本格的な機能があればいいのですが、、、贅沢は言えない。

 

昨日のセールはあとは、ワイヤレスヘッドフォン(また買ってしまった、、、)と朝食用のフルグラ、自宅常備が欠かせない炭酸水を購入。

 

何個目のヘッドフォン購入かは考えないでおきたい、、、、

 

話が変わって乃木坂46の選抜発表の件、最初はきちんとブログで書こうかなと思ったけど、Twitterで大まかな考えはつぶやいたりしたし、深い意図の話というか売り出す次の戦略っていうのはだれが見てもわかる話なので、改めて書くのはいいかな。

 

ツイの中で「すごく長いブログを書きたい」とつぶやいたのですが、何を書いていいやら結局思い浮かばず、そういううざいというかご迷惑系統の文章になったら、、、とかいろいろ考えているうちに、ここ自分の文章を書く場所だと思ったら、また何を書けばいいのか、、、というループに入っています(笑)

この間少し書棚を整理したときに、今まで見に行った芝居やら映画、スポーツ、コンサートなどの半券が大量に出てきて、見てきた中での印象度の高い作品について書くのはありかなと思いました。

記憶がすでに薄れている部分も多少なりともあるので、情報を補完しつつ、その話題で書けそうなら準備をしてみようかな。

ただ「逆鱗」とかはすでにここに書いているので、二度はいらないとかありますけど。

まずはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

Mr.Children DOME&STADIUM TOUR 2017「Thanksgiving25」 at  東京ドーム

tour.mrchildren.jp

もう、一週間前になろうとしているこのライブ。

ミスチルは結構な数、ライブには参加していましたが、最近はチケットが当然ながら取りにくいこともあって、あまり積極的にはしていませんでした。今回、運よく確保できたので、東京ドームのライブに参加してきました。

日産スタジアムミスチルのライブは何度か参加していましたが、東京ドームは久々、多分「regress or progress」以来、懐かしかったです。

選曲は今回のツアータイトル通り、25周年を記念した選曲で構成されていました。セトリはあえて挙げませんが、これから行く人は楽しめること間違いなしです。

ほぼ18時ジャストに近い時間でスタート、3時間強のライブで熱唱の連続です。オープニングの映像が、ここまでのミスチルのPVなどの映像を織り交ぜた編集で、これが非常に良かった。一気にテンションがあがっての一曲目からで、あとはもうひゃーひゃーやっていた気がします(笑)

今回は音響が非常にすごくて、音のディレイが非常に少なく、映像とのシンクロもうまく合わせていました。あれだけの大きな箱でそういうことができる技術はすごいなあと。普通のドームサイズだとどうしても音がずれるんですけどね。音で気になったのは若干テンポ遅めかな?って感じたところ。もう少しリズム早いんじゃなかったっけ?という感じがありましたが、ここらへんはどうなんだろう?

セトリはあげませんが、あえて一曲、「エソラ」を聞けたことが本当にうれしかった。大好きな曲の一つで、これを聞くといろいろな思いが重なって、一気になんか弾ける感じになるのですが、もうイントロ聞いた瞬間にやばかったです。

この夏はなかなか行きたいライブのチケットが取れなかったりで、ちょっと残念だったのですが、このライブで発散できた部分はできたかなと。しかしRIJF、行きたかった(笑)

 

 

雑記 その2 6月29日

なんで、その2かというと、今日は半休にしているということで、今は少し時間があるのです。

ライブのスタート時間だと、仕事をしていたら間に合わない、、、今日は融通が利く日でよかった。

今日、本屋さんをぐるっとまわっていて、アイドル関係の書籍が並んでいるところに「乃木坂46」関連がたくさんあって、時代が変わったなあと実感した。

自分は「制服のマネキン」から好きになった新規なので、そのあたりではまだミリオンとかいう話も、「48」と間違えられる時代でもあり、グラビアはほぼ皆無だった。そのあたりでSNSをしていた時には、どうやったら世間広く認識されるか?とかをよく話していたので、隔世の感がある。

そんな書籍類が並ぶ中に、メンバーについての簡単な記事をまとめた書籍があって、パラパラとめくったときにちょうど若月佑美さんの記事があった。

二冊あって、両方とも演劇に情熱を燃やす風の内容だったけど、そこにあった演技に対するアプローチが、今まで自分が感想などで書いていたものと非常に近しい部分が多くてうれしかった。

彼女はやはり「咀嚼」するタイプで「コントロール」するタイプ。以前評した桜井玲香さんと真逆です。ただ2016年に演じた「じょしらく2」「嫌われ松子の一生」での演技で変化をしたという文章で、それはよかったなあと思った。

コメディはできるけど、基本、若月さんは計算したボケはやれそうだが、ナチュラルに笑わせに行くことは難しそう。情熱的な女性の心情もやはりそのプロセスを計算するタイプだなあと。ただそういう演技をすることで、技巧ではなく自然に見せることができる場合もあるということを気が付くと、若月佑美さんはもっと良くなるだろうなあと、いつも思っている。

演技には様々なアプローチがあり、コントロールすることも、湧き上がる感情に赴くまま動くこともあり、そのどちらも観客を魅了できるし、どっちも正しい。若月さんが自分がどう演じればいいのか?をこれからも悩みながら、進んでいく様は見続けていきたいと思う。一人のアイドルが女優に変化するプロセスをこういう形で実感できるのはうれしいし、それが若月さんであることがさらにうれしいなあと。

今年すでに「犬夜叉」「あさひなぐ」とふたつ舞台を経験して、年末にも「モテリーマン講座」も決まっている。非常にうれしい限りで、そして若月さんの記事の中で「これからはオーディションを受けに行きたい」という言葉があったことが頼もしかった。ぜひ、受けてほしいし、そのために握手やらなんやらがなくなることは全く厭わない。

現実、舞台がこの春に続いたことで、雑誌露出もまともにないし、いろいろなイベント関連の露出もまあ音沙汰なし。せいぜいバイトルくらいでしょうか。それでも演技の仕事がたくさん決まってもらえれば、それで十分うれしさのおつりは来るので、運営にはぜひとも演技の仕事をたくさん廻してあげてくださいと願うばかりです(笑)